Asusのパソコンが故障したのでビックカメラに修理に出してみた#1

スポンサーリンク

はじめに

英語の学習ブログを立ち上げよう!そう思ってWordpressを苦労しながら設定していたら、メインで使っているPCが故障しました。この際なんで英語学習ブログより先に、自分が経験したPC修理の詳細をシェアしたいと思います。あくまで一例ですが参考にしていただければと思います。

PC購入(2017/1/14)

PC購入のきっかけは、東芝のノートPCが壊れた?からでした。ビックカメラ名古屋駅西店にて一番スペックが高そうで且つコストパフォーマンスが高そうなAsusのPCを選びました。私はパソコンに詳しくないので、いつも、こんな感じです(先代の東芝も15万以上しました)。私は学生時代も生協のクソ高いPC買っているような情弱です。

お値段17万3998円!証拠写真を以下にドーン!!

ちなみに購入したPCの詳細は以下

  • 商品名: TransBook3 T303UA-512 12.6インチ
  • CPU: Core i5 6200U 2.3GHz
  • メモリ: 8GB
  • 容量 512GB(SSD)

当時はかなり性能が高いやつだと思います。

SSD512GBにした理由ですが、前回の東芝のPCはSSDの容量が少なくて、CにWindowsの更新システムファイルが溜まりまくってどうしようもなくなったからです。一応、情弱なりにインターネットで調べてデフラグかけたりしましたが、Cが完全に埋まってしまう状況でどうしようも無かった。なんでSSDの容量は取り合えずデカくなければならないと心に誓っていたわけであります。

でもAsusは台湾のメーカーです。初めて国内メーカーでは無いPCを購入したので不安ではありましが、17万もするんで、まぁ最低5年は大丈夫かなぁと思ってました。ただ一応保証を付けておこうということで3年保証に加入。この保証の細かいことって、買うとき聞かないですよね。。。基本壊れたら無償で直してくれる期間が3年なんだなと当時は思ってました。

一応保証の証拠写真もドーン!

故障発生(2019/7/11)

それから2年半の歳月が流れ。たぶん今年(2019年)の1月くらいだったと思います。電源が入らないことがありました。電源ボタンを長押ししたら問題なくついたので大丈夫だなぁと思っていたんです。

ところが

2019年/7/11に完全にダメになりました。何度ボタンを電源ボタンを押そうが、沈黙を保ったまま。どうしようもありません。幸い3年の保証期間だし、無料で修理してもらえるはず(( ー`дー´)キリッ)ということで、ビックカメラ名古屋駅西店に再度訪問することにしました。

修理を依頼@ビックカメラ(2019/7/13)

ちなみに修理窓口はパソコン売り場では無く、その近くにあるソフマップになります。店員さんに不具合を実演して見せて、ほら動かないっ!と説得しまして、メーカーにて修理対応いただくことになりました。

修理依頼時のソフマップの店員さんの説明が以下

  • 修理保証金として1万円が必要(後払い)
  • 上記1万円で購入した製品金額の80%までのをカバー( 17万3998円×0.80=13万9198円)
  • カバー金額より高い金額で見積もりが来た場合は、13万9198円以内で店内の新品を購入できる
  • ただし口頭での説明だけで、明確にカバーされる金額を書面にしてくれなかった(このあたりは契約なんでキチンと書面にしろと言うべきだと思いました)
  • 修理の内容によってはデータが初期化される可能性あり
  • 修理の内容によってはPCのスクリーンに貼ってあるフィルムは剥がされる可能性あり
  • 受付番号記載の書類は貰える(のちに必要になるので保管要)

カバーできないときに約14万円の最新製品を購入できるというのは悪くない気がして即決しました。ちなみに見積もり結果はメッセージで回答するとのこと。

見積もり結果(2019/7/23)

7/23にテキストメールで見積もり結果のお知らせが来ました。テキストメールに直接見積もり結果が書かれているわけではなく、結果が見れるURLが連絡される方式です。URLに飛ぶと、受付番号を打ち込む必要があるので、ソフマップでもらった紙はキチンと保管している必要があります。

見積もり結果ですが、以下のスクショです。ドーン!

故障詳細とAsus側の対応は以下

  • 状態: 電源が入らない、充電できない
  • 対応1: メインボードの交換
  • 対応2: バッテリーの交換
  • 見積もり金額: 18640円
  • 注意事項: メインボードの交換に伴いデータは初期化される

18,640円ということで、まぁ以外に安いなと。。この際だから新品に乗り換えようかと思っていましたので安くて拍子抜けしました。これなら1万円の保証内ですから、かかる金額は1万円のみのはず。ということで修理進行を即決しました。

データのバックアップをしていなかったので、データ初期化は痛かったのですが、バックアップをしていない自分が悪いわけですから、仕方ありませんね。事前にその可能性の連絡もありました。

修理完了(2019/7/30)

またまた ビックカメラ名古屋駅西店に伺いました。PCは段ボールに厳重に梱包されて返送されてました。その場で店員さんが開梱して、久しぶりの再会です。

店員さんの説明は以下

  • 見積もり金額の18640円を私が支払う
  • 理由: メインボードの交換はメーカーの責任(要は消耗品対応では無く故障の扱いになる)が、バッテリーに関しては消耗したためでありユーザー側の負担となる?
  • メーカーの修理不備で1-2か月で再度故障した場合: 無料になる可能性高い
  • 3年保証期間で別の部分が故障した場合: 1万円を保証金として支払い修理(今回と同じ対応)

私は見積もり金額18640円としか連絡を聞いていないので、何故全額払わないといけないのか、よくわかりませんでしたが後で渡された書類を見ると以下のような記載がありました。

店員さんの話を合わせて解釈すると

  1. メインボードの交換 64800円
  2. 保証によってビックカメラが負担: 56160円
  3. バッテリー交換 8640円
  4. 保証金 10000円

このうち3と4を私が負担しろという意味ですね。上述のように18640円の詳細を聞かされずにいきなり全額払えと言われていたわけですから、意味が分からず非常に不快に感じました。見積もり詳細があるなら、1つずつロジカルに説明してくれればいいだけの話です。

修理後の状況(2019/7/30夜)

早速スイッチを入れて久しぶりに使い始めました。初期化されているとのことなので、Officeとかウイルス対策ソフトとかの対応を1からやらないといけないかと思ってましたが、すべて元のままでした

Windowsの更新が必要だったので、いったん更新して立ち下げて、再度スイッチを入れてみたら以下の症状が現れました。

  • 立ち上げ時にメッセージが出る
  • ファンと思われる音が異常にデカい

音に関してはSSDとは思えないくらいのデカい音でなんだか不安になってしまいます。Youtube流していても気になるレベルです。証拠に音を録音してみました。

立ち上げ時のメッセージの内容は一瞬すぎてよくわからず。

今後の対応予定(2019/7/30以降)

今後ですが、このファンからとおぼしきデカい音が気になるので、名古屋駅に行くときにPCを持って行って確認を取ろうと思っています。

SDDのメリットは静音性と起動の速さです。これほどの異音ですし、修理前は非常に静かだったこともあり許容できないと判断しました。さらに起動時に出る文字についても一応確認を取りたいと考えています。残り5か月で膿を出し切らないと、ビックカメラの3年保証の有効期限が切れて、高額負担の可能性もありますので。

まとめ

今回わかったことを以下にまとめます

  • 17万しようがPCは使えば2年半で壊れることもある
  • ビックカメラの3年保証は3年間で起こる故障に対し無料で修理をすることを意味していない
  • Asusの見積もり回答に10日かかる(今回の場合)
  • メインボードとバッテリー交換に1週間かかる(今回の場合)
  • バッテリーのような消耗品は保証の対象にはならず、こちらで負担する必要あり

タイトルとURLをコピーしました