英検1級面接対策

【英検1級合格】イッチーこと植田一三のおススメ書籍

英検1級 イッチー本は必要か? 結論: 必要ないです

英検1級を勉強している方なら有名なイッチー本。

結構値段もする本が多いのですが、英検1級合格に必要なのでしょうか。

いつものように結論から言っちゃいます。

英検1級合格するのにイッチー本必要ないです。

結論が知りたい方はここまでで、他にいってしまって構いません。

次からは、英検1級のイッチーとは?イッチー本の特徴についてと、英検1級合格に必要ではない理由について説明します。

英検1級 イッチーとは何者?

英検1級で出てくるイッチーですが、

植田一三 さんという英検スクールの学長の名前でございます。

英検1級の世界ではかなり有名な方です。

なので通称イッチーと呼ばれていたりもします。

彼を有名にしているのがイッチー本と呼ばれる、英検1級やスピーキング、ライティングの書籍の数々です。

次に彼の著書の特徴について、説明していきます。

イッチー本の特徴とは

イッチー本の特徴ですが、以下ですね。

  1. 英単語・類義語の詳しい解説
  2. 英検1級の難易度を誇張して持ち上げすぎてる
  3. 著書に出てくる英検合格者がすごすぎる

1. 英単語・類義語の詳しい解説

イッチー本の特徴ですが、英単語・類義語の詳しい解説があったりします。

これは結構重宝するって方多いと思います。

特に、エッセイやスピーキングで同じ単語を使わないように使いまわしたいって方は参考になるのではないでしょうか。

そんな方向けのイッチー本の代表作がこちら。

 

2. 英検1級の難易度を誇張して持ち上げすぎている

これ、英検1級を目指す方が読んで圧倒されるんじゃないかな。

1級合格には圧倒的な単語量が必要だとか、なんとか。。。。

でも英検1級に受かっている私からすると、合格するのにそんな単語量はいらないんですよ。

1万語でいいです。

語彙問題を満点とる必要は無いです。

15/25でも受かります。

語彙はあくまでも長文とリスニングが困らない程度で十分です。

大体それが1万語だと思います。

イッチー本読んでいると、まるで書かれている単語全て覚えないといけないみたいな書き方なんです。

確かに、最終的にそのレベルを目指すのはアリ。

でも英検1級取得には不要です。

3.著書に出てくる英検1級合格者がすごすぎる

これも2と同じような感じですが、特徴の一つ。

Timesを通読しているとか、映画のセリフを全て暗記したとか、、、、すごい努力家ばかりなんです。

ハッキリ言って過去問と参考書2-3冊だけコツコツ繰り返し説いているだけで受かります。

私なんてTimesなんか読んだことも有りません。

イッチー本が必要ない理由

最後に結論。

英検1級合格にイッチー本は必要ないです。

確かに、詳しい解説ではあるものの、英検1級の試験というのを見たときに得点に直結する内容では無いんです。

やはり、最短距離は過去問です。

自分の知識のレベルを確認して、あとは単語学習やリスニング、エッセイライティングをコツコツ練習するのが近道です。

 

 

-英検1級面接対策
-

© 2021 ゆるゆる えいご Powered by AFFINGER5