英検1級その他

英検1級の読解問題の時間配分

対象: 英検1級合格を目指す方

英検1級一次試験は難しいし、時間が無い!

英検1級の1次試験は、難しいですよね。

最初の単語問題は、大学入試レベルを大幅に超えていますし、長文はボリュームがあります。

それに加えて英作文まである。

そして、その後は難易度の高いリスニングが待っています。

このリスニング問題も非常に厄介です。事前に問題を読んでいないと、とてもじゃないですが、問題をとくことは出来ません。

しかも時間が短いです。100分しかありません。

なのでタイムマネジメントが極めて重要です。

ここでは、英検1級に向けに準備している方向けに私がおススメする時間配分についてシェアしたいと思います。

おススメの時間配分

いきなりですけど結論書いちゃいます。

これがおススメの時間配分です。

パート問題内容問題数目標時間(分)
1単語2515
2-1長文穴埋め35
2-2長文穴埋め35
3-1長文310
3-2長文310
3-3長文415
4英作文-25

これで合計85分です。5分で軽く見直しして、リスニングの準備に10分程度は使えると思います。

結構、僕は読む時間を短めにしています。

理由ですけど以下2つです。

  1. 英作文に時間を使いたい
  2. リスニングの準備に時間を使いたい

1ですけど、英作文の配点が大きいので、十分時間を使ったほうがいいです。

私は英作文はあまりうまくないので25分くらいで切り上げました。

ですが、英作文で満点狙える実力でしたら、30分くらい割いてもいいです。

正直、今の英検1級の1次試験はどっかのパートで満点とると、ほぼ合格になってしまいます。

2も書かれているとおりですね。

リスニングに向けた事前準備は必須です。

どんなに単語・長文・英作文の回答に苦戦したとしても、必ず5分は使って事前にリスニングの問題文に目を通すべきです。

回答時間短縮のコツ

ここでは私が意識した回答短縮のコツについて説明します。

単語問題は分からなければ、消去法+感で30秒で回答

冒頭の単語問題ですが、単語の暗記力を試しています。

分からないものは何分かけても分かりません。

時間をかけるのは無駄です。

分からなければ、消去法をして選択肢を絞ったうえで、感で選びましょう。

30秒くらいで次に進めるべきです。

長文問題回答のコツ

長文ですが、これは読みまくると、劇的にスピードが上がります。

こちらの記事でも書きましたが、毎日英検1級の過去問を繰り返し通読すると、物凄いスピードで読めるようになります。

さらに私が良く使うテクがあります。

こちらの写真は実際の私が受けた試験問題ですね。

赤枠の部分ですね。

分かりますか?

そうです。固有名詞に□とか△とかで囲ってますよね。

私は固有名詞を覚えるのが苦手なので、固有名詞が多い文書の時は、記号に置き換えます。

英検1級取得者ですから、英語を読むときに日本語が介在することはありませんが、□とか△は記号で処理されます(英語でも日本語でもない感じですね。。

それでもって数学的な思考で読みます。

〇=△だから、筆者は△に賛成。みたいな感じですね。

英検の文章は、アカデミックな文章ですから、常にロジカルです。

そして設問のほとんどは、このロジックをきちんと解釈できているかを問います。

ですので、数学的に読むというのは、時間を短縮するだけでなく正答率を上げることにもつながります。

このテクニックは大学入試の時に身に着けたもので、ありとあらゆる英語の試験に有効ですね。

私は長文は普段の練習でも間違えることは無かったです。

残念ながら本番では1問間違えてしまいましたが、絶対の自信がありました。

まとめ

今回の記事のまとめを書きます。

  • 英検1級の一次試験は時間が無い
  • 英作文とリスニング問題の先読みのために、単語問題・長文問題は素早く回答すべき
  • 長文問題は、1級過去問の通読・固有名詞を記号化するテクニックでスピードを上げることが可能

-英検1級その他

© 2020 ゆるゆる えいご Powered by AFFINGER5