おススメの映画英語スピーチ3つをYouTubeで見よう

スポンサーリンク

映画のスピーチによる英語学習のメリットとは

いつも同じようなテキストでの英語学習にちょっと飽きてしまったあなた。映画を使うやり方もおススメです。

映画を使うメリットですが、映画のインパクトですね。

映画のストーリーのインパクトが強ければ強いほど使われる単語やフレーズも簡単に覚えることができます。

当然ながらデメリットもあります。よくあるのが、口語過ぎてそのフレーズを覚えたとしても汎用性がないとか、そもそも日本人には難しいリンキングとかの要素も絡んで何回聞いても聞き取れないということです。

そこでおススメなのが、映画のスピーチです。映画のスピーチは比較的口語とリンキングが少なくて、日本人の英語学習者にも取っつきやすいです。

何度も音読することで自然と自分の英語にすることができます。

そこで、おススメの映画スピーチ3つを紹介します。

Any Given Sunday エニイ・ギブンサンデー

まずはじめはアメリカンフットボール映画のエニイ・ギブンサンデーです。

チームが苦境の中で、試合前に選手を鼓舞するスピーチです。

非常に印象てきなフレーズが多く使われています。

You find out that life is just a game of inches. So is football.

Because in either game life or football, the margin for error is so small.

I mean, one half step too late or to early, you don’t quite make it.

One half second too slow or too fast and you don’t quite catch it.

Fight Club ファイトクラブ

次はブラピのファイトクラブのスピーチです。

アメリカンプレジデント American President

最後はアメリカンプレジデントです。

タイトルとURLをコピーしました