未分類

YouTubeの動画を使ってフォニックスを学んで英語の発音を改善しよう

対象: 英語の発音を良くしたい方

フォニックスとは

皆さんフォニックスって聞いたことがありますか?

フォニックスというのは簡単にいうと、英語の単語のつづりで実際に使われる発音を学ぶ学問のことです。

日本人にとって英語は綴りと発音が一致しない言語にみえますよね。

例えば、badのaは「ア」とは発音しません。 発音記号ではbˈædと表記されます。この æ はaとeの中間の音で「エ」を発音する口の開け方で日本語の「ア」と発生するとうまく発音できます。

逆に日本語はすべての「ひらがな」の音は一つに決まっています。単語になった時には多少のイントネーションの使い分けはありますが、音は同じです。

だから、英語学習をしている日本人には英語を読むという行為自体が難しく感じるのです。

でも先ほど上げたbadですが、他にもdad, hat, fatも同じ発音 æ になるんです。

aの音は常に æ になるわけではないですが、ある一定の規則に基づいて音が決まることが多いんです。

このように単語の綴りの規則から英語の発音を学習することをフォニックス(phonics)と呼んでいます。

実はネイティブは子供の頃にこのフォニックスを学校で学びます。我々が小学校の低学年の頃に日本語の発音を平仮名を読んで練習するのと同じ感じなんです。

よく日本人の英語の日本語なまりが消えないのは、フラットな日本語の発音で英語を話しているというのも理由なんですけど、根本的に音が間違っているからなんです。

フォニックスを学ぶメリット

ネイティブが学んでいるフォニックスですが、我々日本人が学ぶメリットは非常にあります。

おもな理由は2つですね。

・発音が正確なため、相手に伝わる
・相手の英語を理解できる

æの発音で代表されるように、「ア」の音は英語では複数あります。ネイティブは当然ながら、それぞれの音の違いを認識したうえで、聞いた単語の意味を判断しています。

日本語のアの発音しかできなければ、当然ながら発音した単語はネイティブには伝わりません。

フォニックスを勉強することで、相手に伝わる英語を身に着けることができます。

逆に自分で正確な英語を話すことができれば、相手の英語を理解することが可能になります。

リスニング能力にもフォニックスは有効なんです。

フォニックス学習用のおすすめYouTube動画

最近では、このフォニックスについて学べるYouTubeのチャンネルや動画が増えてきています。

ネイティブの先生が教えているチャンネルが主ですが、中には日本人学習者向けに日本人が作った動画もあり、英語初学者でも簡単にわかる内容になっています。

今回は初学者向けから、上級者向けまでおススメのYouTube動画を紹介いたします。

あいうえおフォニックス

https://www.youtube.com/channel/UCX2tvXwAItLs5RhFFSGn9LQ

あいうえおフォニックス は日本人の英語初学者でも分かるように簡単にフォニックスについて説明している超親切な番組です。

出演している方は、バイリンガルの日本人のお子さんです。アメリカ在住ということなんで完璧なアメリカ英語ですね。

各単語の音について、一から丁寧に説明してくれています。

フォニックスの入門として是非学習に使っていただきたい番組ですね。

Alphablocks

Alphablocks はネイティブの子供むけのフォニックス教育番組です。

全編英語ですが、同じ発音となる綴りと発音について説明されておりフォニックスについて学ぶことが可能です。

主にフォニックスについて詳しく説明している動画が26個、文字別に作られております。1字ずつ学ぶことでフォニックスの基礎を学べて超便利ですね。

Rachel's English

Rachel's English はその名の通りアメリカ人のレイチェル先生が英語の発音について説明してくれるチャンネル。

各発音について口の開け方や、舌の位置まで細かく説明してくれます。

英語指導の先生ですし、英語学習者向けにハッキリ、ゆっくり説明してくれるので説明の英語も分かりやすいです。

上2つの動画が子供っぽくてちょっと、、という方にはおススメの動画です。

-未分類

© 2020 ゆるゆる えいご Powered by AFFINGER5