TOEIC900

TOEIC900点を最速でとる目標と戦略について

TOEIC900点を目標にしている方向け

半年でTOEIC600点から900点くらいは簡単に達成可能です

進学や就職活動でTOEICを受けなきゃいけないっていう方は多いと思います。目標とする点数は受験者それぞれですけど、なんとか900点取りたいっていう人いるかと思います。

戦略的に学習すれば、例えばTOECI600点から半年で900点程度は簡単に達成できます。

私もTOEICについては2015年の4月の600点から勉強を再開して8月には900点を達成しました。試験は2016年から若干変化しましたが、戦略は同じでいけます。

隙間時間含めた最短でのTOEIC900点の達成戦略・プランについてシェアさせていただきます。

まずはTOEIC900点に向けた目標設定

結論ですけどTOEIC900達成のためにはListening 480点、Reading420点が現実的だと思います。

理由は以下

①TOEICはリスニングが簡単である
②リスニングは勉強方法が簡単(聞くだけ)
③リーディングは回によって難易度の差が激しい

①ですけど、リスニングはリーディングよりはるかに簡単です。コツさえつかめば安定して点数を取ることが可能。そのコツをつかむ方法ですが、②で書いたように何回も聞くだけです。

最後③ですが、リーディングは当たりはずれが大きくて、実力者でも塗り絵になってしまったりと回によるばらつきが結構あります。

ですのでリスニングで点を稼ぎ、リーディングは何とか頑張るみたいな感じがTOEIC900点を最速でとるプランとしては適していますね。

TOEIC900点を達成するための具体的な学習方法

TOEIC600くらいになっていたら、あとは問題量をこなすだけで点数は改善されます。やり方としては正攻法ですが、以下がいいです。

①公式問題集を通しでリスニング・リーディング計200問を解く
②丸付けして正解にならなかったところに印をつける
③解説読んで間違えたところだけ解き続ける

①で大事なことですが、通しで解くことです。本番の試験は2時間の長丁場。その間にリズムよく溶けなかったりする予想外のことは起こりえます。なので、本番を模擬して2時間で解く練習をすることが大事ですね。平日仕事でまとまった時間を取りにくいかたは、土日に2時間通しで問題を解いてみると良いかと思います。

通しでの模擬試験が終わったら、自己採点です。間違ったところに印をつけておきましょう。

最後③ですが、解説読んで解き方を理解。間違えたところだけを解くようにしましょう。このやり方ですがリーディングには最適です。

でもリスニングは間違えた問題だけ選択して聞くのは面倒なので、こちらは無理に間違えたところだけ聞くなんてことしなくてもいいです。

リスニングに関しては、ウォークマンであれば倍速機能があるので、2倍速で聞くトレーニングをしましょう。2倍速の聞くメリットですが、単純に早い英語になれるので、本番の試験が遅く感じて解くのが楽になります。また30分で100問分を聞くことができるので、隙間時間で効率よく英語をインプットできます。

TOEIC900点に向けた時間の使い方

勉強時間の確保が難しく、平日に30分しか机に向かって勉強できない人向けとしました。

まず土日はそれぞれ少なくとも3時間は勉強しましょう。模擬テスト2時間と、確認+復習に1時間です。

リスニングは通勤中(片道1時間と仮定)にやるようにすれば、2時間勉強できます。上述した2倍速学習にすれば4時間分の英語のインプットを行うことが可能です。

平日の30分は公式問題集で解けなかったところ(リーディング)の復習に当てましょう。

TOEIC900点を最速でとるコツ(番外編)

TOEIC900点を最速でとるコツとしておススメなのが、900点を取るまで毎回受験することです。

お金が勿体ないっていう人がいるかと思います。確かにその通りですけど、それでも毎回受験するメリットですが、以下ですね。

・たくさん受験すると試験に慣れる
・あたりの回と巡り合う確率が上がる

何回も試験すれば、そりゃ誰でも慣れます。試験中の時間の使い方もうまくなりますし、慣れさえすれば解けるっていう問題がTOEICの場合多いです。

あと、一番最初に書いたように、TOEICは回ごとに難易度差がかなりあります。一応難易度が高い問題の回は、難易度補正が入ります。ただしリーディングが苦手っていう人はちょっと難しくなるだけで、リズムを崩して焦ってしまって、30問くらい塗り絵になったみたいなことが結構あります。

さすがに塗り絵になってしまった場合はあんまり難易度補正の恩恵を受けられずにガッツリ減点されてしまいます。

何で自分と相性がいい問題が出るまで何度も受験すると、意外と早いタイミングで900点を取ることが可能です。

-TOEIC900

© 2020 ゆるゆる えいご Powered by AFFINGER5