海外報道を英語で入手!おすすめYouTubeドキュメンタリー

英語学習

TOEIC900以上、英検1級レベルの方向け

スポンサーリンク

海外の報道を英語で入手するメリットとは

最近ではYouTubeにネイティブ向けのドキュメンタリー番組が多数あります。TOEIC900以上だったり英検1級合格レベルの方にはドンドンこのような番組を見てもらうのがお勧めですね。

僕も英検1級は合格していますが、合格後にこのような番組を見て継続して英語を使うようにしており、英語運用力自体の向上を感じています。

おススメの理由ですけどざっと上げると以下です。

①今、世界が気にしていること、トレンドを高品質な番組からいち早く入手することができる
②英検1級レベルの単語が実際の英語で使われている場面を知ることができる
③日本とは異なる多用な視点で物事と見ることができる

①ですが、日本は本質的ではないどうでもいいことを報道する傾向があります。例えば桜問題とかですね。確かに、グレーな部分があるかもしれません。ただし、例えば日本の抱える本質的な課題は、少子高齢化、企業の生産性の低さ(賃金が20年で改善が見られないのは日本くらいです。)などありますよね。

このような所に、高給をもらっている国会議員の英知を使って建設的なディスカッションをしてもらいたいものですね。

海外のドキュメンタリー番組は、世界で起こっていることについて、その本質に切り込んでいきます。英語は世界の標準語のため、多様なメディアがあります。日本のメディアとは比べ物にならない激しい競争があるので、当然ながら人気の番組の品質は高いに決まっていますね。

トレンドをキャッチしてから放送するのも早いので、最新の情報を得ることができます。

②は、まさに文字通りです。最近だとコロナウイルスの報道が多いですけど、呼吸器系の病気を respiratory diseaseっていいます。respiratoryって日本人にとっては難しい単語だと思いますが、当たり前のように使われています。

こんな感じで、今まで試験のために単語帳を使って得た知識を実際の場面を通して学びなおせるんです。英検1級レベルの英単語はネイティブも使わないという人もいますけど、あれは嘘ですね。普通に使われます。

③これも結構大事です。アメリカとかは、データをとって合理的に判断することを大事にしています。日本とは視点の違うモノの見方や、課題の解決策が出てきます。

昔から、日本は10年遅れくらいで、アメリカや欧米のトレンドをたどっていくスタイルです。先に情報を入手しているのは、結構大事だなって思います。

おススメの海外報道・ドキュメンタリーYouTubeチャンネル

ここからは海外報道・ドキュメンタリーYouTubeチャンネルを紹介したいと思います。

上述したように英語上級者様向けのチャンネルです。

VOX

Vox
Vox helps you cut through the noise and understand what's driving events in the headlines and in our lives. Vox video is Joe Posner, Mona Lalwani, Valerie La...

Voxはアメリカのメディアです。

毎週複数のドキュメンタリー番組が、作られてYouTube上にアップロードされています。アメリカだけでなく、世界の紛争、自然破壊、文化など多用な内容を詳細に報道している素晴らしい番組です。

ナレーションのスピードは、結構速い場合が多いですね。ネイティブ向けなので仕方ありません。

個人的に面白いと思ったのは Biomimicry design について取り上げたこの番組ですね。

冒頭で日本の新幹線のデザインが、鳥類の形からデザインされている説明があります。

Now this world

NowThis World
NowThis World is dedicated to bringing you topical explainers about the world around you. Each week we’ll be exploring current stories in international news,...

Now this worldは、アメリカのネットメディアです。ちょっと動画の更新が最近止まってますが、世界で起こっていることについて詳細を説明してくれる非常に有益な番組。

以下は中国の一帯一路政策によるアフリカへの投資について取り上げた番組。

中国のアフリカへの投資は、アフリカとのWin-Winの関係を築くための投資が狙いではない可能性を言及。借金漬けにして、最終的には中国の意向を飲ませる、Debt trapを狙っているのではと批判しています。

Wendover Productions

Wendover Productions
Wendover Productions is all about explaining how our world works. From travel, to economics, to geography, to marketing and more, every video will leave you ...

Wendover Productions はイギリスのメディアです。こちらも多用な内容を扱うドキュメンタリー番組が多いです。

2週に1度くらいと更新頻度は多くないですが、10年くらい前からやっているので動画の量はすごく多いですね。

面白いと思ったのはこちらの番組。

皆さんアフリカのルワンダって国を知っていますか?アフリカにある内陸国です。

1994年にはジェノサイドが起こった悲惨な歴史を持ちます。

このルワンダですが、現在はアフリカのシンガポールを目指して驀進中みたいなんです。治安もアフリカでは比較的よく、ビジネスのしやすさランキングも日本より上という驚きの結果です。

世界から投資を集め、シンガポールのようにビジネスハブを目指す政策を、続けているようですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。YouTubeの英語メディアの品質には驚くばかりですよね。質も高いですし、取り上げるのネタの多さならNHKなんか軽く凌駕しています。

英語上級者はこのような番組を使って、英語で情報を仕入れることで英語力を向上できると思います。

タイトルとURLをコピーしました