英検1級エッセイ対策

英検1級英作文サンプル 個人のプライバシーは現代社会で守ることが出来るか

英検1級英作文サンプル 個人のプライバシーは現代社会で守ることが出来るか

当サイトでは以下のスタンスで英作文を書いています。

  1. 取りあえず合格できるシンプルな文章で書く(8割の得点ゲット)
  2. 当サイト推奨テンプレートで書く
  3. 理由を1つ削ると、2次試験のスピーチ原稿に使える(考え方はこちら)

なので、エッセイ満点を目指している方は是非、英検協会の模範解答と旺文社系の解答を見て研究されることを推奨します。

それでは今回の課題について説明していきます。

Can individual privacy be protected in the modern world?

 

2021年2回の出題。

かなり歯ごたえがある課題。

これは予想していた人は少なかったはず。

いい問題です。

2016年以降はこのレベルの抽象度の問題を指定の単語無しで書いていく必要があります。

これが英検1級のだいご味でもありますね。

問題を入手したので取り急ぎ当日(10/10)に書いてみました。

滅茶苦茶急ぎでブログに執筆したので、かなり怪しいかもです。

大目に見てください。

英作文(233語)

Some people say that recently, individual privacy can be protected because compared to previous times, people tend to be indifferent to other people. However, I think modern technologies and harsh business competitions possibly invade our privacy and our privacy can’t be protected.

First, the internet easily exposes our life to the public. The Internet connects our lives daily, and it is common that private information, which is unpleasant, can be easily exposed, especially on SNS. This is often caused by the lack of internet literacy of users and more SNS is widely used, more security issues will happen.

Second, surveillance cameras can collect our information unknowingly. Nowadays, there are a lot of surveillance cameras not only at the entrance of convenience stores, but also in cars called “drive recorder”. These cameras have possibly got our information through images. It is undeniable that our information from these cameras might be illegally used.

Third, customer information may be sold. It is common to make a lot of accounts on the internet. Many corporations have customer information through the internet and due to severe competition between companies, they will sell customer information to make money. It is impossible for authorities to check all these illegal acts.

For the three reasons mentioned above I think that individual privacy cannot be protected in the modern world. Strict regulation will be required to prevent private information from being invaded.     

日本語訳

最近は、以前に比べて他人に無関心になりがちなので、個人のプライバシーを守ることができると言う人もいます。しかし、最新のテクノロジーや厳しいビジネス競争が私たちのプライバシーを侵害している可能性があり、私たちのプライバシーを保護することはできないと思います。

まず、インターネットは私たちの生活を簡単に一般に公開してしまいます。インターネットは私たちの日常生活をつなぐものであり、特にSNSでは不快な個人情報が漏洩することが良く起こります。これは多くの場合、ユーザーのインターネットリテラシーの欠如が原因であり、より多くのSNSが広く使用されているため、より多くのセキュリティ問題が発生します。

第二に、監視カメラは無意識のうちに私たちの情報を収集する可能性があります。現在、コンビニエンスストアの入り口だけでなく、車にも「ドライブレコーダー」と呼ばれる監視カメラがついています。これらのカメラは、おそらく画像を通じて私たちの情報を取得しています。これらのカメラからの情報が違法に使用される可能性があることは否定できません。

第三に、顧客情報が販売される可能性があります。インターネット上で多くのアカウントを作成することは一般的です。多くの企業はインターネットを介して顧客情報を持っており、企業間の激しい競争のために、彼らはお金を稼ぐために顧客情報を販売します。当局がこれらすべての違法行為をチェックすることは不可能です。

上記の3つの理由から、現代​​の世界では個人のプライバシーを保護することはできないと思います。個人情報が侵害されることを防ぐために、厳格な規制が必要になります。

解説

総評

難しいです。

とりあえず、急ぎで書いてみましたが、微妙ですねぇ。

少し見直しして修正するかもしれません。

  • インターネットによる情報流出が起こる
  • 監視カメラの画像から情報が抜かれる
  • 顧客情報が違法販売される

こんな感じです。

論理の組み立ては、そこまで悪くない気がします。

今回は、微妙にテンプレートを使い切れていません。

これでもいいでしょう。

語彙・表現

使った語彙も英検1級らしいものは、あんまりない気もします。

surveillanceはもしかしたら語彙力アピールになるかな。

普通に英字新聞で出てくるので、そんな難しい単語だと思いませんが。

この程度の語彙だと語彙の部分で満点評価は難しいと思われます。

最後になりますが、書いた英作文を添削するならアイディーの無料体験がおススメです。

以下のページに詳細が書いてありますのでご覧ください。

>>英検 英作文 アイディーで無料添削

合わせて読みたい

合わせて読みたい
英検1級 英作文 スピーチ サンプル・ネタ・トピックまとめ35選

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級単語問題対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級長文問題対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級 エッセイ・ライティング対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級リスニング対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級2次試験スピーキング対策

続きを見る

カテゴリー

-英検1級エッセイ対策
-, ,