英検1級 英検1級エッセイ

英検1級 エッセイ・ライティング対策

対象英語レベル TOEIC850

英検1級を目指している方

英検1級のエッセイとは

多くの方は英検1級を目指す時に初めて「エッセイ」を書くことになるのでは無いでしょうか。

私が大学入試を受けた時は、自由英作文みたいなのはありました。

でもエッセイというのはございませんでした。

エッセイというのは小論文という意味です。

日本の義務教育で習う、作文に「起承転結」のパターンがありますよね。

実は英語のエッセイ(小論文)もパターンが決まっています。

ですから英検1級を受験するにあたり、特別にこのパターンを覚える訓練が必要があります。

とは言えそこまで特殊な訓練ではございません。

最近では、非常にわかりやすい参考書が旺文社以外からも出るようになりました。

そのような分かりやすい適切な参考書を買って、適切な質と量の勉強するだけ。

それがエッセイの訓練です。

それでは私のやり方をシェアさせていただきます。

英検1級のエッセイ・ライティング問題概要

まずは、英検1級のエッセイ・ライティング問題について、確認しましょう。

英検1級エッセイの問題文は以下。

●Write an essay on the given TOPIC.

●Give THREE reasons to support your answer.

●Structure: introduction, main body, and conclusion

●Suggested length: 200-240 words

●Write your essay in the space provided on Side B of your answer sheet.

Any writing outside the space will not be graded.

管理人の受験したときの英検1級問題冊子より

まとめると200-240語でIntroduction, Main Body(Three Reasons), Conclusionのエッセイを書いてください。

解答欄からはみ出た部分は採点しません。

ということですね。

一応200-240語は推奨っぽい書き方なんですけど、なるべく守ったほうが無難です。

特に文字数が少ない場合は、エッセイ自体の中身もなくて「スッカスカ」の場合が多いです。

気を付けましょう。

英検1級エッセイ・ライティング過去のトピック

英検1級のエッセイ・ライティングですが、環境問題や社会問題の賛否を問うものです。

最近のトピックを以下にまとめておきます。

・2019年3回: 代替エネルギーは化石燃料にとって代わることが可能か?
・2019年2回: 宇宙探索はコストに見合っているか?
・2019年1回: 賛成 or 反対? 伝染病は今後数十年でより大きな問題となるか?

2019年1回なんて、2020年の新型肺炎の状況を考えるとなんとも言えません。

まさに今大きな大きな地球規模の問題になっています。

英検1級エッセイ・ライティングの目標点数 24/32で十分です

結論を先に書くと32点満点中24点というのが現実的なエッセイの目標点数です。

以下理由をつらつら書いていきます。

英検1級のスコアシート

勉強するにあたり大事なのは目標設定です。

当然英検1級を受けるのですから、総合点で合格することが目標にはなります。

ここでは、合格するためのエッセイの目標点数を決めましょう。

私が設定していた目標は以下

25-30分で200ー240語のエッセイを書き、24/32を取る

(ちなみに時間配分についてはこちらの記事を確認ください)

私も本番で写真のように25点を取っています。

超現実的な目標設定です。

エッセイは採点官の主観も絡みます。

なので、満点に必要な知識が明確ではないです。

ですから、満点を取る!とかみたいに無駄に目標が高すぎると挫折します。

採点官の主観にも耐え満点を取るエッセイを書きたいなら、それこそ英検1級専門学校みたいなところに行けばよいです。

だけど、合格だけが目標なら、そこまで時間とお金を投じる必要はありません。

というのも24点くらいなら、参考書に書かれているフォーマット通りに書けば取れるからです。

他の記事でも書きましたがあまり高みを目指さず、ある程度まで出来るようになったら受験してしまうのが大事。

本番の試験で書く英作文が、普段練習でする英作文の何倍もの経験と価値になります。

他のセクション起因で不合格でも仕方ないくらいのスタンスで受験してもいいと思います。

所謂記念受験みたいな感じですね。

かつての僕もそうでしたが、憧れてきた英検1級に受かったとしても英語力はまだまだなあと感じます。

結局は英検1級も通過点でしかないんですよね。ですから先ずは早く合格してしまうことにフォーカスしましょう。

再度ココでの結論をまとめちゃうと

・目標点数24点
・24点くらい取れそうなら即受験!

英検1級エッセイ・ライティングにおススメの参考書

結論から言ってしまうと、「最短合格! 英検®1級 英作文問題完全制覇」がベストです。

ベストな理由は以下。

  1. 解説が合格レベルに見合う(無駄に高みを目指していない)
  2. 例文も学習者が思いつくレベルで且つ英検1級を余裕で合格するレベル
  3. 例文が非常に豊富で出題パターンを網羅できている
  4. 例文の音源をWebからダウンロード可能で2次試験にも使える
  5. 競合の旺文社の「過去問」と「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」は無駄に回答案のレベルが高い

ここで強調したいのは5ですね。

旺文社系(日本英語検定協会の出す模範解答含む)の例文は超レベル高すぎ。

読んで理解はできます。

でも、これに近い文章を書けるようになるのは大変。

10年くらいかかってしまうかもしれません。

あそこまで、素晴らしい英作文を書かなくても大丈夫。

十分合格点を取ることが可能です。

英語エッセイのプロになりたいならエッセイに時間をかけて勉強すればいいです。

が、合格するだけなら必要ございません。

「最短合格! 英検®1級 英作文問題完全制覇」 を見てエッセイとは何か勉強してください。

また、4でも書きましたが、例文の音源(タダ)があります。

この音源は2次試験にも使える優れものです。

一応ですが、以下に 「最短合格! 英検®1級 英作文問題完全制覇」 と 「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」 のリンクを載せておきますね。

何度も書きますが、 「最短合格! 英検®1級 英作文問題完全制覇」 がコスパ最高です。

最短合格! 英検®1級 英作文問題完全制覇

こちらがベストです!

ジャパンタイムズ (著), ロゴポート (著)

音源のリンクページはこちら

英検分野別ターゲット英検1級英作文問題

こちらは模範解答のレベルが高くて、勉強するのが大変だと思います。

英検1級エッセイ・ライティングのテンプレートおススメ2パターン

まずは、自分で英検1級エッセイのテンプレートを作ってください。

そしてそれ以外のテンプレートは使わないで、ひたすら文章をテンプレートに当てはめていく作業をしましょう。

試験を意識し、30分以内で終わらせるようにしてください。

私が使っていたエッセイのテンプレートが大体以下のようなパターンです。

あまり横着せず固定のパターンを運用しましょう。ミスを減らすことができます。

また、どのパターンにするか悩む時間を減らすことで回答時間を圧縮できます。

英検1級エッセイ テンプレート パターン1

Instruction Some people say that 自分の意見の反対. However I think that 自分の意見 for following three reasons.
Main Body1The first reason is that 〜.
Main Body2The second reason is that 〜.
Main Body3The third reason is that 〜.
Conclusion For the three reasons mentioned above, I think we can say with confidence that 自分の意見(結論).

英検1級エッセイ テンプレート パターン2

Instruction It is often said that 自分と反対の意見. However, I think that 自分の意見 following three reasons.
Main Body1First, ~
Main Body2Second,~
Main Body3Third, ~
ConclusionTo conclude, I think 自分の意見 (結論)

パターン1とパターン2の違いは何か? 

文字数です。

自分の書いたエッセイがスッカラカンで文字数が足りないなと思ったらパターン1(+41語)をつかえばいいです。

試験中に乗りに乗ってしまい、書きすぎてもうた(笑)みたいになったら、パターン2(+19語)を使う。

そんな運用ですね。

ここまでテンプレートについて学んだらあとは練習あるのみです。

文章構造を2-3分程度構想したら、機械のようにテンプレートに文章を書き込んでいました。

「最短合格! 英検®1級 英作文問題完全制覇 」には例題が豊富にあります。

自分の意見で例題分エッセイを書くだけです。

自分の意見ですが、自分が3つの理由を書きやすい立場にしましょう。

この自分の意見というのが非常に重要です。

参考書の例文完コピみたいなのはダメです。

コピペは身につかないです。

自分で書いた英文は、2次試験のスピーチで使えます。

大事に取っておいてください。

ちなみに、賛成・反対両方を練習する必要は無いです。自分が書きやすい方だけ、選択して書けばいいです。

本番でも自分が書きやすい意見を書くわけですしね。

エッセイの練習で一番苦労したことは、私の場合ですが、スペルが分からないことだけでした(T . T)。

これは本番でも足枷になりました。

実際かなりスペルミス(少なくとも5個)をしたと思います。

でも目標の最低限の点数は取れています。

スペリングについては、本番の時は、分からないモノは仕方ないスタンスでいいです。

恐らく、そこまで減点されないはず。

英検1級エッセイを書くときの考え方一例

ここでは私が合格した時の、問題冊子に書かれているメモを見てどのようにエッセイを書いていくのか、その考え方をシェアさせていただきます。

それでは、英検1級合格した時の問題冊子のメモはこちら!!!!!

・・・・・。あれれ。。。

書かれているメモは

・Yes
・歴史上 民主主義が一番いい
・戦争減らす
・貧困

これだけです。

実際、こんなもんなんですよね。この程度のメモ書きで25点とれます。

とはいえ、あくまでもこのメモ書きは慣れたらです。

慣れないうちは、もう少し具体的に書く必要ありです。

今回は英検1級を受けてみようと考えている人向けに、ゆるゆる流の1級エッセイの考え方をシェアさせていただきます。

まずは考え方のステップはこちら

  1. 自分の立場を決める(今回は肯定側)
  2. 理由を3つあげるメモを書く(日本語でも英語でもいい)
  3. テンプレートを用いてエッセイを書く

1.自分の立場を決める(1分)

メモ書きみても分かるように、YESですから肯定ですね(笑)。

ここは時間をかけるところじゃありません。1分くらいで決めるべき。

ただし、上述しましたが、自分の好きな立場で決めるのではありません。

あくまでエッセイを書きやすいかどうかで、YES or NOを決めましょう。

ここでいうエッセイを書きやすいというのは、繰り返しになりますが、3つの理由を書きやすいかどうかです。

2.理由を3つあげる(1分)

それでは理由を3つあげましょう。

本番の試験の時は民主主義国は、非民主主義国に民主主義を広めるべきか?に対し肯定側の立場をとりました。

メモ書きではだいぶさっぱりしていましたが、理由は以下です。

  1. 歴史的に見て民主主義が一番いい⇒繁栄している
  2. 非民主主義国家では、独裁者による民衆への弾圧・虐殺がある⇒戦争につながる
  3. 国民による最適な国家運営ができないために、一部の権力者に富みが集まる⇒多くの国民の貧困につながる

みたいな感じに書き出しましょう。

テンプレートを用いてエッセイを書く(25分)

ここからが、テンプレートを用いたエッセイ書きになります。

大体以下の表のように1文10語くらいの文章を書いていきます。

補足すると以下の表も大体の目安です。

ここでおさらい。

英検の問題の指示は「Instruction, Main body( Three Reasons),Conclusionがあり、200-240語でエッセイを書きなさい」です。

上記を満たし、主張に至るまでの流れがロジカルな文章であれば、語数のバランスはあまり関係ないです。

最悪結論が100語あってもいいわけです。

ただし、語数のバランスが取らずに上手く書くのは意外と難しいです。

なるべくは均等な文字数の段落で書くようにしましょう。

項目文数語数
Instruction3-4文30-40語
Main Body 理由14-5文50-60語
Main Body 理由24-5文 50-60語
Main Body 理由34-5文 50-60語
Conclusion2-3文20-30語

英検1級エッセイ添削サービス

私は自分が書いたエッセイに対し、添削とかは特にしませんでした。

会社員ですし、そこまでやっている余裕はなかったです。

気になるところをググったくらいです。

ただ心配な方は英文添削サービスを利用してみるのも手です。

最近では格安の英文添削サービスをインターネットで行うことができます。

以下のリンクから添削サービスを、特別価格で受けることが可能です。

ちょっとでも不安な方は使ってみることをお勧めします。

管理人が書いた英検1級のエッセイ集

参考までではありますが、私がノートに書き留めた英検1級のエッセイをこちらページに乗せておきます。

あくまでも、「合格できる」程度の英作文です。

この程度で正直受かります。

英検1級合格者のレベルなんてこんな感じなんです。

参考に是非読んでみてください。

まとめ

英検1級のエッセイですが、フォーマットに忠実に英語を書き込んでいく作業に落とし込むことができます。

あとは、問題演習を繰り返すだけです。私も写真のように、 最短合格! 英検®1級 英作文問題完全制覇 の問題をすべて自分の意見で英語で書きました。

最初は誰だって慣れないので、時間がかかります。でも人間慣れるものです。

粘り強く何度も何度も書くことにトライしましょう。

書く内容が思いつかないときは参考書に書かれている内容を使って自分で書ける形に変えてみましょう。

以外にすぐに、25分くらいで、どんな問題に対しても英語で意見を書けるようになります。

エッセイは暗記する項目が非常に少ないです。

なので、英検1級の各分野の中では比較的簡単に合格点・得点源に到達することができます。

今回おススメとさせていただいた「最短合格! 英検®1級 英作文問題完全制覇」だけを使って集中して勉強してみてください。

英検1級エッセイ手書きノート①
英検1級エッセイ手書きノート②

-英検1級, 英検1級エッセイ

© 2020 ゆるゆる えいご Powered by AFFINGER5