英検1級エッセイ・ライティング対策

英検1級

対象英語レベル TOEIC850

英検1級を目指している方

スポンサーリンク

はじめに

多くの方は英検1級を目指す時に初めてエッセイというのを書くことになるのでは無いでしょうか。

私が大学入試を受けた時は自由英作文みたいなのはありましたが、エッセイ(小論文)というのはございませんでした。

ですから英検1級を受験するにあたり、特別に訓練しました。とは言えそこまで特殊な訓練ではございません。

適切な参考書を買って、適切な質と量の勉強するだけです。

それでは私のやり方をシェアさせていただきます。

エッセイの目標点数

勉強するにあたり大事なのは目標設定です。

当然英検1級を受けるのですから、合格することが目標にはなるのですが、合格するためのエッセイの目標点数をまずは決めましょう。

私が設定していた目標は以下

30分で200ー240語のエッセイを書き、24/32を取る

私も本番で写真のように25点を取っています。

多分現実的な目標設定だと思います。

エッセイは採点官の主観も絡むので、正直訓練がしにくいため目標が高すぎると挫折します。

採点官の主観にも耐え満点を取るエッセイを書きたいなら、それこそ英検1級専門学校みたいなところに行けばいいでしょうが、合格だけが目標なら、そこまで時間とお金を投じる必要はありません。

というのも24点くらいなら、参考書に書かれているフォーマット通りに書けば取れるからです。

他の記事でも書きましたがあまり高みを目指さず取り敢えずさっさと合格することが大事だと思っています。

何度も言いますが英検1級も所詮は通過点でしかありません。通過点は最小限の努力で突破しましょう。

エッセイの勉強方法

まず参考書ですが、ジャパンタイムズの参考書がベストです。

旺文社の過去問と参考書もあるのですが、お手本の英文が高度すぎます。あんなのプロじゃ無いと書けないと思います。

エッセイのプロになりたいならエッセイに時間をかけて勉強すればいいですが、合格するだけなら必要ございません。

こちらを見て取り敢えずエッセイとは何か勉強してください。

ちなみに本書ですが、リスニング教材もダウンロードできたはずですので、2次試験のスピーチの練習もできます。

(MP3音声無料DLつき)最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇 | ジャパンタイムズ, ロゴポート |本 | 通販 | Amazon
Amazonでジャパンタイムズ, ロゴポートの(MP3音声無料DLつき)最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇。アマゾンならポイント還元本が多数。ジャパンタイムズ, ロゴポート作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また(MP3音声無料DLつき)最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇もアマゾン配送商品なら通常...

練習方法

まずは、自分でフォーマットを作ってください。

そしてそれ以外のフォーマットは使わないで、ひたすら文章をフォーマットに当てはめていく作業を30分以内で終わらせるようにしてください。

私が使っていたエッセイのフォーマットが大体以下のようなパターンです。あまり横着せず固定のパターンで運用するとミスを減らせますし、回答時間を圧縮できるのでお勧めです。

パターン1

【書き出し】

Some people say that 自分の意見の反対. However I think that 自分の意見 for following three reasons.

【理由】

The first reason is that 〜.

The second reason is that 〜.

The third reason is that 〜.

【結論】

For the three reasons mentioned above, I think we can say with confidence that 自分の意見(結論).

パターン2

【書き出し】

It is often said that 自分と反対の意見. However, I think that 自分の意見 following three reasons.

【理由】

First, ~

Second,~

Third, ~

【結論】

To conclude, I think 自分の意見

文章構造を5分程度構想したら、機械のようにフォーマットに文章を書き込んでいました。

リンクの参考書には例題が豊富にあるので、自分の意見で上記作業を例題分つくるだけです。

この自分の意というのが非常に重要です。書いた英文は、2次試験のスピーチで使えるため大事に取っておいてください。

ちなみに、賛成・反対両方を練習する必要は無いです。自分が書きやすい方だけ、選択して書けばいいです。

エッセイの練習で一番苦労したことは、私の場合ですが、スペルが分からないことだけでした(T . T)。

これは本番でも足枷になりましたし、実際結構なスペルミスをしたと思われますが、最低限の点数は取れています。

添削方法

私は添削とかは特にしませんでした。当時は何とかなるだろうとは思っていましたし、実際何とかなります。

ただ心配な方は英文添削サービスを利用してみるのも手です。

最近では格安の英文添削サービスをインターネットで行うことができます。

ほんと便利な時代になりましたね。

以下のリンクから添削サービスを特別価格で受けることが可能ですので、ちょっとでも不安な方は使ってみることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました