英検1級 英検1級リスニング

英検1級リスニング対策 無理せず合格を目指せ!

英検1級リスニング問題概要 英検1級のリスニングは割と簡単です

ここでは英検1級のリスニング対策について、シェアさせて頂きたいと思います。

英検1級のリスニングはPart1〜Part4で構成されており約30分程度の試験です。

話される英語のスピードはTOEICと同じで平均180words/minくらいです。

Part4以外は所謂、ナレーションのようなはっきりした英語。

日本人が苦手とするリンキングが多用された英語ではないです。

ただし、Part4のインタビューは自然な英語で且つ癖があります。

単語、長文、エッセイの得点率にもよるのですが、リスニングの目標としては8割程度の正答率を目指して欲しいところ。

結構リスニングは他と比べて簡単です。

得点源にしやすく、8割は案外いけます。

TOEICのリスニングで450以上安定して取れるのであれば、英検1級のリスニングを普段の英語学習に取り入れてもいいです。

私自身ですが、TOEIC900点(リスニングは480前後)で英検1級の練習を始めました。

最初は単語が難しかったり問題に慣れていなかったこともあり、正答率は6割程度でした。

でも何度も繰り返しきくことで合格レベルに3ヶ月くらいで到達できました。

本番の試験でも写真のように大体8割以上はとれています。

  • Part1 9/10 9割
  • Part2 7/10 7割
  • Part3 4/5 8割
  • Part4 2/2 10割
  • 合計22/27 約8割

それでは各Partの問題の傾向と対策について説明させていただきたいと思います。

英検1級リスニング Part1

Part1は英会話問題です。

10問あります。

1問目の英会話を聞いた後で、その英会話に関する質問が英語で放送されます。

試験問題に書かれている英語の選択肢を選んで回答します。

問題文は紙に書かれていません。

英会話は30秒から2分くらいの長いものがあります。

TOEICとは違いビジネスに限定されていないです。

自損事故を起こした娘と父の電話とか、同窓会を面倒がる夫と嫁の会話とかあります。

人間臭くて面白いです。

英検1級リスニング Part1対策

これは全Part共通ですが、先に問題の選択肢に目を通しておくことが必須です。

どんな問題が放送されるか予測しながら聞かないと、安定して正解を選ぶのは難しいです。

これだけで、正答率がちがってきます。

Part1の目標は8問以上と言ったところ。

比較的TOEICに近いテスト形式です。

TOEICのリスニングが得意な人は苦労しないと思います。

練習の仕方ですが、英検1級のwebページの過去問と、旺文社の過去問題集を勉強するのが一番です。

英検では過去問と全く同じ問題を繰り返し使うこと(所謂リサイクル問題)が結構あります。

恐らくリスニング問題全体の中で2-3問は過去の問題を繰り返し使っているはずです。

過去の問題を知っていれば、聞かなくても答えがわかってしまいます。

本当に有利です。

1回だけ問題を解いておしまいではなく、何度も聞いて中身を暗記できるまでやっておくことをお勧めします。

以下に過去問のリンクを貼っておきます。

■英検1級過去問(webページ)

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_1/solutions.html

■過去問題集

■リスニング問題集(こちらはCDも付属してます)

 

英検1級リスニング Part2

Part2は英検らしくアカデミックな内容です。

5問あり、それぞれ英文記事が読まれ、それに関する質問について英語の選択肢から回答を選びます。

TOEICのリスニングでは出ない内容です。

かなり練習が必要になると思います。

特に単語が難しいことが多いです。

TOEIC900点取れたとしても、単語が全然わからず理解できないという人が多いと思います。

またかなり長い文章を聞くことになります。

すべてを暗記するのは不可能です。

問題を解くためには、話されている「概要」を理解しておくことが重要です。

学術的な内容ですから、非常に理論だっています。

最初に結論、その後その理由についての説明。

最後にもう一度締めくくる結論のパターンです。

上記のような流れ(つまり概要)をつかんで聞いていれば、質問で聞かれていることを覚えていないってことは無いです。

英検1級リスニング Par2対策

まず単語ですが、究極の英単語LV3の語彙力が無いと太刀打ちできないです。

Part2が英検1級のリスニングの中で、唯一TOEIC以上の単語力が必要になります。

繰り返しになりますが、LV3は絶対必要です。

別売りのCDも合わせて購入して、例文を何度も何度も聞いて音で単語を覚えましょう。

リスニングはやはり過去問です。

Part1で紹介した参考書を使って繰り返し聞きましょう。

こちらも過去問が繰り返し使われますので、覚えるくらい練習するのがいいです。

基本はこの過去問を中心とした学習で十分です。

上記練習に飽きてきたら、TED Edがお勧め。

TED Edはネイティブの中学高校生向けの教育チャンネルです。

英検1級リスニングPart2の超強化版のような内容になっています。

ただしこのTED Edですが、いろいろあってどれで勉強すればいいのか悩んでしまいます。

ここでは英検1級向けの内容について紹介したいと思います。

過去問の勉強に飽きたら、是非トライしてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=jFICRFKtAc4
https://www.youtube.com/watch?v=aMsaFP3kgqQ
https://www.youtube.com/watch?v=wFt_VGG0kJU
https://www.youtube.com/watch?v=yqUFy-t4MlQ&t=9s
https://www.youtube.com/watch?v=UMMwgvLmN-M

英検1級リスニング Part3

Part3はReal Life、日常の生活での英語に焦点をあてた問題です。

空港とか駅とかのアナウンス、展示会の説明とかそんなのを聞いて回答するってヤツです。

日本の駅の英語放送なんて簡単な場合が多いですから楽勝!

って思う方が多いかと思います。

ところがどっこい

このPart3は非常に厄介です。

出てくる情報をあえて複雑にすることで難易度を上げています。

理解しきれないことが結構あります。

この内容が日本語で放送されたら、我々日本人でも結構危ういかもしれません。

英検1級に向けて何度も練習しましたが、正直あまり自信がありませんでした。

英検1級リスニング Part3対策

まずは、過去問です。

これに尽きます。

うまくリサイクル問題に当たれば1問確保できます(笑)。

実際に私の時はPart3でリサイクル問題が1問出ました。

リスニング問題だと思ったら、聞く必要は無いです。

回答を即選んで、次の設問のことでも考えておきましょう。

あとPart3回答のコツですが、メモです。

TOEICと違い、問題用紙にメモ書きができます。

ただし、基本的には英検1級のリスニングはメモ無しでいけます。

唯一の例外が、Part3です。

ココだけはメモを適宜したほうがいいです。

Part3の目標ですが、 3/5としてもらっていいと思います。

上述のように僕は、Part3が非常に苦手でした。

Part3で満点を目指すのでは無く、

再現性高く正解を選ぶことができるPart1,2,4をまずは取りこぼさないようにしましょう。

英検1級リスニング Part4

最後がインタビューです。

1回だけインタビューが放送されます。

その後の質問は2つです。

ここは可能な限り満点(2/2)を目指したいところ。

ここの英語だけは、ナレーションではなく非常にリアルな英語です。

話者も言いよどんだりしますし、話すスピードもインタビューの中で結構変わります。

あとリンキングとかが普通にあります。

本物のリスニング力を試すという意味では、非常に良問です。

英検1級リスニング Part4対策

コツは事前に回答の選択肢すべてに目を通し、質問を想定してリスニングすること。

あとは定番の過去問練習です。

過去問を何度も何度も練習しましょう。

聞き取れないところは原稿も見て理解できるようにしましょう。

過去問を解くとわかると思いますが、設問はあまり細かい内容に対して聞くものではないです。

話者が結局なにを言っていたのかが問われることが多いです。

“俯瞰的”に聞くスタンスでいると、良いかと思います。

先ほど言ったように、過去問を勉強するだけで十分です。

ただ勉強に飽きてきた人のためにリスニングに向いている面白いインタビュー系の動画を載せておきます。

難易度自体は英検1級のレベルを超越しています。

勉強の合間に楽しんでください!

英検1級インタビュー向けのYoutube動画

イギリスのボディビルダーのドリアン・イエーツのインタビュー

ドリアン・イエーツは1990年代に活躍したプロボディビルダーです。

プロ世界最高峰の大会ミスターオリンピアを6連覇しました。

当時はボディビルは肉体の美しさを競う競技でしたが、ドリアン・イエーツは圧倒的なサイズで勝負する選手でした。

彼の登場以降、ロニー・コールマン、ジェイ・カトラーが続き、いわゆるバルクタイプ(体の美しさでは無くサイズで勝負する)のボディビルダーが評価される時代となりました。

このインタビューでは現役時代のステロイドについて、率直に語っています。

ボディビルダーって筋肉バカって感じに思う方もいるかもしれません。

彼のインタビューを見れば印象が変わるはずです。

一言でいうと知的。

冷静に自分の経験からステロイドの効果・副作用について語っています。

https://www.youtube.com/watch?v=Hrh2HW7NQ9U

コービー・ブライアント インタビュー

この動画を載せたときはまさか、こんなことが起こるなんて思っておりませんでした。

ご冥福をお祈りいたします。

コービー・ブライアントさんですが、皆さんご存じのNBAの元スター選手です。

20年にわたりリーグの顔として君臨し続けました。

彼は現役時代圧倒的で華麗なプレースタイルが注目されていました。

もう一つ注目されていたことがあります。

それは、異常なくらいのバスケットボールへの情熱です。

早朝4時から練習を始めたとか、3部練習していたと彼のクレージーな練習っぷりは有名でした。

現役引退後は、モチベーションについてメディアから聞かれることが多かったようです。

今回の動画は現役引退の時のインタビューです。

NBA史上最高の選手を目指して戦った20年間で、彼が気付いたことは、自分の周りにいる人々や次の世代に自身が影響を及ぼしていくことの重要さでした。

 

https://www.youtube.com/watch?v=fZ7cq_0T668

マット・デイモン インタビュー

マット・デイモンはアメリカの俳優。

グッドウィルハンティングやボーンシリーズなどに出演しています。

今回のインタビューですが、若き日の彼がスターになるきっかけになったグッドウィルハンティングと共演したロビン・ウィリアムズ(故人)について語る場面です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=yzQ_Ggq0Izo

ドウェイン・ジョンソン インタビュー

ドウェイン・ジョンソンはアメリカのプロレスラー・俳優です。

若いころは結構苦労されたようです。

母の自殺未遂を目撃したことについて語るインタビューです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=CVuj6MqoVUo

-英検1級, 英検1級リスニング

© 2020 ゆるゆる えいご Powered by AFFINGER5