英検1級単語対策

英検1級 語彙問題対策 合格に必要な語彙数と単語帳 勉強法まとめ

wordsの積み木
悩んでいる人

英検1級の語彙問題が難しすぎる。どれくらい単語を覚える必要があるのかと、英単語の勉強方法が知りたい。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 英検1級合格に必要な語彙数
  • おススメの英検1級語彙問題対策単語帳
  • 英検1級語彙問題対策勉強法

本記事の信頼性

鳴子こけし
ゆるゆる英語

☑ 英語学習が趣味の30代
☑ 元ブラック企業戦士
☑ アジア諸国を出張転戦
☑ TOEIC950, 英検1級所持
☑ 旧帝工学部(学部・修士)
☑ 楽しみながら英語を勉強する方法を紹介します

\純ジャパ サラリーマンの独学英検1級勉強法/

英検1級対策まとめ一覧はこちら

英検1級といえばなんといっても、Part1の鬼畜の語彙問題です。

正直言って、日本で教育を受けて大学入試に向けて受験勉強した程度ではカバーしきれません。

ある程度の専門的なトレーニングが必要になります。

私も英単語力が少なく、苦戦しましたがギリギリ1次試験を突破しました。

その経験を元に、最低ラインこれくらいやれば、ギリ受かる。

という情報をシェアします。

英検1級合格に必要な語彙数⇒1万語

結論から言うと1万語くらいで何とか合格できるレベルだと思います。

理由は以下2つ。

  1. 語彙力1万語で語彙問題を15-18問程度正解可能
  2. 語彙力1万語で長文で満点がとれる

1. 語彙力1万語で語彙問題を15-18問程度正解可能

1万語覚えていれば、語彙問題で15-18問程度正解できます。

私は、英検1級1次試験を語彙問題15/25で突破しています。

以下が証拠の成績表。

練習で過去問を解いたときは18問くらいの正解でしたので、本番は想定より悪くなりました。

英検1級の結果詳細

私の英語語彙力ですが、以下のサイト Testyourvocab で測定してみました。

http://testyourvocab.com/

英単語記憶量

1万語くらいですね。

このサイト、かなり精度が高いです。

何回トライしても大体1万語前後になります。

2. 語彙力1万語で長文で満点がとれる

先ほどお見せした私の成績表。

長文問題の成績は以下。

  • 大問2: 5/6
  • 大問3: 10/10

本番では1問しくじりましたが、ほぼ完ぺきです。

しかも、この長文問題はべた読みして45分と超高速で回答できています。

直近の過去問を初見で解いても、長文は45分で満点取れます。

(長文の勉強法は以下

>>英検1級長文問題 満点を取るための参考書と読解のテクニックまとめ)

以上から、1万語覚えれば単語問題15~18問正解し、長文で満点(近く)がとれるのでギリ合格できる。

という結論になります。

おススメの英検1級語彙問題対策単語帳

色々単語帳を買いましたが、最終的に以下4冊を回して勉強しました。

おススメです。

  1. 出る順で最短合格!英検1級短熟語EX
  2. 英検1級出る順パス単
  3. 究極の英単語Vol.3
  4. 英検1級 文で覚える単熟語

1. 出る順で最短合格! 英検1級単熟語 EX

【長所】
・例文が完結で短い

【短所】
・品詞順ではない

まずはジャパンタイムズの出る順で最短合格!英検1級短熟語EXです。

個人的にはパス単より優れていると思います。

理由は、例文が完結で短く、見出し語に集中できる点です。

後述しますが、私は例文をリスニング(倍速)で聞いて意味を覚えるやり方をしていました。

短ければ、リスニングの時間が短くなり、多くの例文を単位時間あたりに聞くことが出来ます。

なので効率がいいと感じていました。

ダメな点は品詞順では無いことです。

これに関しては、私はそこまで気になりませんでした。

2. 英検1級 でる順パス単

【長所】
・旺文社の本(事実上公式本)
・出た順、品詞別になっている

【短所】
・例文が長くて、複雑

パス単は旺文社と言うことで、事実上公式本です。

出た順、品詞別になっているのが長所。

短所は、先ほど説明したように、例文が長いし複雑であることです。

通勤中(眠い)に聞いていると、覚えるべき単語に集中できなくなります。

ということで、メインは 出る順で最短合格! 英検1級単熟語 EX にしていました。

3. 究極の英単語Vol.3+CD

【長所】
・英検1級の基礎レベルに適合
・CDはメルカリで高値で即売れる

【短所】
・全ての言葉に例文が無い

究極の英単語Vol.3とCDも購入して使ってました。

英検1級レベルだと究極の英単語Vol.4です。

Vol.4は短熟語EX、パス単と被りが多いのでなくてよいです。

(私もVol.4を買いましたが、使ってません。)

逆に究極の英単語Vol.3は英検1級を合格するためには必須。

このレベルの単語は覚えていないと語彙問題ではなく、長文とリスニングが解けません。

英検1級突破に絶対必要な単語が網羅されてます。

リスニング用のCDも合わせて買うべきです。

こちらはVol1〜4がセットとなっているため、結構高いです。

3300円です。

がメルカリで2000円~2500円くらいで取引されており、即売してます。

ですので、さっさとAmazonで新品を買ってしまい、PCに取り込みましょう。

その後メルカリで売ってしまえば、実質消費1000円~1500円くらいになるのでコスパ的にもいいかと思います。

メルカリから安く仕入れるのは、人気商品なので時間がかかるって考えると大変だと思います。

先程も述べたように、このCDはVol.1〜4までの分全部入っています。

後からVol.4を勉強したくなったりした時には本を追加購入するだけです。

4. 英検1級 文で覚える単熟語

【長所】
・長文レベルの語彙力強化が可能
・読解力+リスニングPart2対策可能

【短所】
・語彙問題には力不足

最後におすすめが文単です。

これは英検1級の長文問題の過去問が使われている単語帳。

このレベルの単語が分からなければ、長文は解けません。

単語力+長文読解力+リスニングPart2の高地トレーニングに使える超良書です。

内容も面白いので、私は合格後も読み物として使ってます。

短所ですが、語彙問題には本書だけでは力不足です。

単熟語EXとパス単を頑張りましょう。

本書の詳しい内容は以下にまとめました。

>>【文単】英検1級文で覚える単熟語の使い方・勉強方法解説

英検1級単語問題の勉強法

私がおススメする勉強法は以下。

  1. 目で見て確認⇒リスニング
  2. 単語の意味でまとめる
  3. 勉強会に行くことで暗記を強制する

1. 目で見て確認⇒リスニング

まずは単語を一つ一つ見て、自分が覚えている単語と覚えていないものを仕分けしましょう。

そして覚えていない単語を確認する練習をしましょう。

リスニングは、通勤中に初めから流して聞いてました。

(音声ファイルの仕分けはしませんでしたし、面倒なのでしなくていいです。)

目で見て覚えた英単語の訳語(日本語)が、文章を通し耳で聞くことで英語でそのまま理解できるようになります。

I love you. のloveを愛しているとは、イチイチ日本語に訳さず、理解できますよね。

そんな感じです。

慣れてきたらリスニング速度を上げましょう。

私は最終的に2倍速で聞いてました。

片道40分、合計80分の勉強も、リスニング速度を2倍にすれば処理量が2倍になります。

160分の勉強になるのです。

効率が違ってきますね。

2. 単語の意味でまとめる

単語の意味でまとめるのもおススメ。

例えば、英検1級でよく出る悪化させる(他動詞)は以下があります。

  • aggravate
  • exacerbate
  • exasperate
  • worsen

さらに悪化する(自動詞)にはdeteriorateがあります。

このように似たような意味でまとめて記憶に定着させましょう。

3. 勉強会に行くことで暗記を強制する

語学の勉強は単調です。

単語の暗記がその最たるもの。

毎日勉強していると、目に見える成果が感じ取れないため、モチベーションの維持が難しい。

そのようなときは、英検1級の勉強会に参加してみるのもアリ。

以下のページで紹介している英検1級勉強会は、「スピーチ暗記会」の他に「パス単の暗記会」を開催してます。

期日までに、指定のページ分の単語を覚えて、勉強会でテストするというイベント。

どうしても、やる気が出ないという方は、このような勉強会に参加することで、学習モチベーションを維持させましょう。

>>【2次試験スピーチ・質疑対策】英検1級の勉強会まとめ5選

まとめ

上述したように、私の勉強は例文のリスニングが中心でした。

朝起きたら15ー30分くらい単語の意味を目で確認。

あとは通勤だったり出張の移動中に例文のリスニングを繰り返しました。

体が疲れており、耳で聞くやり方が私にはあってました。

覚え具合ですが究極の英単語Vol.3が9割5分(例文がある単語)、短熟語とパス単が7割くらい。

私は記憶力がイマイチで、例文がないと単語の意味が定着しないタイプ。

本当はキッチリ勉強して仕上げるべきなんでしょう。

暗記は苦手で且つ仕事もキツくそこまでやる体力が無かったというのが正直なところです。

まぁ、このくらいの勉強法で英検1級は合格は可能です。

(そのかわり長文は満点近く取る必要がありますが、上記くらいの勉強で1万語覚えるので余裕)

という話をすると、英単語を満点目指して勉強すれば安全ではないか?と思う人がいます。

その通りです。

が満点がとれるレベル2万語前後はかなりキツイです。

時間がかかります。

そこまで時間をかけなくても、合格するのでしなくていい。

それが私のスタンスです。

我々Non Naitiveにとって英語学習には終わりは無いと思います。

合格後もいろいろなやり方で勉強を継続し続けることが非常に大事だと思います。

結局英検1級もTOEIC900も最終目標では無く、合格してしまえば只の通過点なんです。

所詮は通過点なんですから、さっさと合格最低レベルまでの知識(英単語1万語)を頭に入れて受験してしまいましょう。

仮に落ちたとしても、真剣に試験と向き合った時間はさらなる成長を引き起こすと思います。

私も英検1級合格後は特に試験勉強というのはしていませんが、Native向けのYouTube動画を見たり、英字新聞を読んだりして勉強は継続しています。

合わせて読みたい

当サイトでは、なるべく楽に独学で英検1級に合格することをコンセプトに、記事を書いています。

特に英作文については実際の私の書いたものを全て公開しています。

また、英作文の添削サービスの体験談なども載せています。

皆様の勉強のお力に慣れましたら幸いです。

合わせて読みたい
辞書
英検1級長文リーディングは満点可能!参考書と対策・テクニック解説

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級ライティングの目標
万能テンプレート 英検1級エッセイ・ライティング 書き方・対策

続きを見る

合わせて読みたい
白いヘッドホン
【完全版】英検1級リスニング おススメ参考書・対策・勉強法まとめ

続きを見る

合わせて読みたい
マイク
英検1級2次試験 面接スピーキングの独学での勉強法と対策まとめ

続きを見る

カテゴリー

  • この記事を書いた人

ゆるゆる英語

☑ 英語学習が趣味の30代
☑ 元ブラック企業戦士
☑ アジア諸国を出張転戦
☑ TOEIC950, 英検1級所持
☑ 旧帝工学部(学部・修士)
☑ 楽しみながら英語を勉強する方法を紹介します

-英検1級単語対策
-,