英検1級単語対策

英検1級鬼畜の英単語問題のレベルについて詳しく分析・解説

words

英検1級のだいご味と言えば、しょっぱなから開催される鬼畜英単語問題25問。

なにも勉強していない人が見れば、知らん単語しか選択肢に載っていない。。。まさに鬼畜。

この25問はどれだけ難しいのか?調べてみました。

本記事の信頼性(執筆者紹介)

ゆるゆる英語プロフィール

\純ジャパ サラリーマンの独学英検1級勉強法/

英検1級対策まとめ一覧はこちら

【結論】svl1.2万語を完璧に覚えても単語問題の65%しかカバー出来ない

結論を先に書きます。

アルク社のsvl1.2万語を究極の英単語を使って完璧に覚えても、英検1級の単語問題の65%しかカバーできません。

4つの選択肢のうち少なくとも1個は見たことないヤツが出てきます。

(実際は1/3は不明単語なので確率はさらに高い)

調査条件

調べるにあたり基準を明確にしなければなりません。

ということで基準・調査条件を以下に記載します。

調査対象

  • 2022年1回英検1級単語問題の選択肢の単語
  • 2021年3回英検1級単語問題の選択肢の単語
  • 2021年2回英検1級単語問題の選択肢の単語

過去分詞形でSVL※に無い場合は原形にして調査

SVLは基本原形動詞が載っているので、過去分詞形の単語は原形に変形して照合。

それでもSVLに無い場合は元に戻す。

副詞は形容詞に変換

副詞はSVLにあまり載っていないので、副詞でSVLにない場合は形容詞に変換して照合。

SLVリストに無い単語は評価しない

SLVリストに無い単語は評価していません。

評価しようがないです。

SVLはアルク社が作った「日本人学習者が覚えるべき12000語」の英単語リストのこと。

1レベル1000語に分かれており、12レベルまである。

このSVLに対応しているのが究極の英単語シリーズである。

調査結果

上のグラフはどれだけ難しい単語を使っているかを英検1級、準1級、2級で比較したもの。

横軸はSVLで右に行くほど難しい単語を使用しています。

縦軸は頻度です。ようはそのレベルの単語がどれくらい使われているか。

一番色が濃いのが英検1級です。

見れば分かりますが、当然ながら英検1級>準1級>2級の順番で難しい単語が使われています。

あと英検1級はピークがレベル11、12ですが、右側が切れたような正規分布っぽいグラフ(ヒストグラム)になってます。

本来は英検準1級みたいになっているはず。

そうです、SVL12以外の単語があるのです。

究極の英単語カバー率

3回の英検1級の試験でSVLの割合を円グラフにしてみました。

ちょっと分かりにくいので説明します。

グラフ内に書かれている数字は割合。

青で35と書かれているのが、「該当なし」が35%という意味。

実は35%つまり1/3はSVLに該当しない単語です。

SVL12000語を完璧に覚えても英検1級の場合は65%しかカバーしきれません。

選択肢4つのうち確実に1個以上は知らない単語が出てくることになります。

これが英検1級の英単語問題が鬼畜と言われる理由です。

各回でSVL以外の単語を抜粋してみました。

2022年1回 英単語問題 SVL以外の単語

aghast, commendation, commiserate, conglomeration, debunk, defuse, dissipation, emaciated, emblem, encapsulate, eponymous, explicate, extenuating, flout, indoctrinating, ingratiate, intersperse, mollify, pander, perks, precipitate, remuneration, sauntering, tedium, tirade, transgression, tribulation

2021年3回 英単語問題 SVL以外の単語

berated, constrict, deregulation, diabolically, dissuading, embossed, errant, erudite, fervently, gullibly, infraction, interject, laconic, lopsided, mesmerized, musty, nascent, nauseate, nemesis, ostracize, pliable, prescient, propagation, recuperation, rehash, sheepishly, socialite, subliminal, subordination, virtuoso

2021年2回 英単語問題 SVL以外の単語

abrasion, bombastic, cantered, careened, crass, dawdle, deferential, disavow, enumerate, epiphany, equitably, excruciating, fluctuated, illicitly, incisions, infamy, jocular, malleable, parched, perturb, pulsate, radiantly, recant, reprisal, rotund, siphoned, spuriously, tabulated

こんな感じです。英字新聞で見るような単語も結構あります。

つまりSVLも完璧なリストとは言えません。

英検1級で単語問題を安定して20問以上正解にするには1.5万語くらい暗記する必要があると思います。

まとめ

英検1級の単語問題が難しい理由が分かってもらえたと思います。

究極英単語を完璧に仕上げても足りない。。。

これは、ヤバいですね。

でもギリギリ合格するなら1万語くらいでいけます。

つまり究極の英単語を完璧に仕上げなくても合格は出来る。

無理に気合入れすぎず、まずはギリギリ合格を目指して継続して英語学習を続けましょう。

合わせて読みたい

当サイトでは、なるべく簡単に楽しみながら英検1級に合格するための情報を載せております。

特に、英作文に関しては、実際に私が書いた内容を多数載せており、皆様の参考になるかと思います。

合わせて読みたい
learn
英検1級 英作文 スピーチ サンプル・ネタ・テーマまとめ46選

続きを見る

合わせて読みたい
単語量
英検1級 語彙問題対策 合格に必要な語彙数と単語帳 覚え方まとめ

続きを見る

合わせて読みたい
辞書
英検1級長文リーディングは満点可能!対策・テクニック解説

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級ライティングの目標
万能テンプレート 英検1級エッセイ・ライティング 書き方

続きを見る

合わせて読みたい
白いヘッドホン
【完全版】英検1級リスニング 対策・練習法まとめ

続きを見る

合わせて読みたい
マイク
英検1級2次試験 面接スピーキングの独学での練習法と対策まとめ

続きを見る

  • この記事を書いた人

ゆるゆる英語

☑ 英語学習が趣味の30代
☑ 元ブラック企業戦士
☑ アジア諸国を出張転戦
☑ TOEIC950, 英検1級所持
☑ 旧帝工学部(学部・修士)
☑ 楽しみながら英語を勉強する方法を紹介します

-英検1級単語対策