英検1級リスニング対策

英検1級 リスニング対策用おすすめYouTubeチャンネルまとめ

英検1級 リスニング対策用おすすめYouTubeチャンネルまとめ

英検1級リスニング対策ですが、基本は過去問と旺文社の問題集になるかと思います。

過去問やおススメの問題集に関してはこちらの記事に書いてあります。

英検1級リスニングはリサイクル問題が確実に毎回でるので過去問練習が一番いいです。

過去問に集中することが合格への最短ルートです。

ただし、ちょっと1級の勉強飽きてきたなっていう方や、高地トレーニングで英検1級リスニングを楽に突破したい人向けに、おすすめのYouTube動画を紹介します。

Ted-Ed

Ted-Ed

Tedは超有名です。英語の勉強にTedを使っている人も多いと思います。

でもあれって実はかなり難しいです。英検1級レベルをはるかに凌駕しています。

話している人の英語の癖があったり、リンキングや音の消失があったりと理解できない部分結構あります。

実際の英検1級のテストは上で書いたリンキングとか音の消失みたいなのはパート4のみ。

そのほかはTOEICと同様にナレーションの英語です。

なので、まずはナレーションの英語で、アカデミックな内容になれるのが大事です。

そこで、おススメがTed-Ed。こちらはネイティブ中高生向けの教育番組です。

もちろんナレーションの英語です。難易度は英検1級リスニングのPart2より高いです。

物凄い動画の数なので、タイトル読んで自分が面白そうと感じるものを見てみるのがおススメ。

ちなみに、字幕もきちんと出るので聞き取れなかったら字幕見てください。

Kurzgesagt

Kurzgesagt

こちらはドイツ発の教育番組Kurzgesagtです。

英語のレベルはTed-Edよりさらに高いですし、ナレーションの速度もTed-Edより大分早いです。

サイエンス系に力を入れています。

月に1度ペースで動画が作られています。行進頻度はかなり遅いですけど、これまで作られた動画は結構あります。

ここまでレベルの高い内容を理解できれば、英検1級パート2は超余裕と言ったところです。

ここも字幕は自動字幕ではなく、番組側がきちんと作っているので正確です。

聞き取れなかったら、字幕を見て聞こえなかった箇所を確認するのが効果的です。

BRIGHT SIDE

日常のふとした疑問に答えるYouTubeチャンネルがBRIGHT SIDEです。

日本語版サイトを知っているかもしれませんが、本家はアメリカです。

英語の番組の量は半端ないです。

日常の疑問に答える番組なんで、扱う内容は多岐にわたります。

英語メディアなのでなんと4000万以上の登録者がいます。

若干英検1級の内容からずれることもありますけど、息抜きで色々聞いてみると面白いと思います。

Business Insider

Business Insiderはウェブ記事のほうが有名かと思いますが、最近ではYouTubeにも力を入れています。

世界各国の様々なことについてドキュメンタリー形式で説明してくれています。

質は申し分ないですし、英語が分かれば正直NHKのドキュメンタリー番組とか必要ありません。

このような海外のドキュメンタリーで十分って感じになります。

肝心の英語レベルは英検1級をはるかに凌駕するレベル。英検1級の合間に見るのであればあまり根詰めて全て理解しようとしてはいけないと思います。

8割くらいわかればいいやくらいの感覚で動画を楽しんでもらえるといいです。

オリンピック関連の動画は様々ありますが、こちらはアスリートの懐事情について報道しています。

アメリカは、資本主義の極み。オリンピックアスリートでも貧富の差は激しいです。

マイナースポーツであれば、スポンサーも得にくい。逆にテニスやバスケのスター選手になれば莫大なスポンサーシップを個人で得ることが出来ます。

あと金メダルを獲得した時の報奨金も、アメリカはかなり少ない。4年ごとのオリンピックを考えるとアスリートにとってかなり厳しいわけです。

彼らはただ練習するだけでなく、コーチを雇ったり、マッサージセラピーを受けたり、栄養食を取らないといけない。

競技生活を続けるだけで出費が大きいのです。

Bloomberg Quicktake

Bloomberg QuicktakeはブルームバーグのYouTubeチャンネルの一つ。こちらも非常に高品質なドキュメンタリーやニュース報道をしています。

世界中の内容について取り上げていますし、番組も1つ20分くらいあるのでかなりボリュームがあります。

ネイティブの大人相手の動画ですから、そもそも英検1級とかそんなレベルではありません。

自分に関係ない、興味もない内容であれば恐らく理解できないでしょう。

なのでちょっとだけ面白い動画を紹介してみます。

この動画はカルロスゴーンの案件について、日産から独立調査を依頼された弁護士の話。

日産から依頼されて、ブラジルのゴーンの家に行って書類を回収したりと、頑張っていたはずなのに何故か日産から手配された日本検察官から家宅調査を受ける羽目に合う。

もう、ダークすぎて怖いです。ドロドロの権力争いの様相を呈してます。

日産やっちゃってます!。

まとめ

英検1級の1次試験のリスニング対策向けにおススメのYouTubeチャンネルを紹介しました。

このあたりをいつも聞いてる人はぶっちゃけ英検1級のリスニングは余裕ですね。

合わせて読みたい

合わせて読みたい
英検1級単語問題対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級長文問題対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級 エッセイ・ライティング対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級リスニング対策

続きを見る

カテゴリー

-英検1級リスニング対策
-,