【英検準1級英作文ライティング対策】テンプレート定型文・書き方

ノートの文字
【景品表示法に基づく表記】当サイトは広告による収益を得ています。

英検準1級を受けたいのですが、ライティング(英作文)があると聞きました。どのような問題でなのでしょうか?また勉強方法やおススメの参考書が知りたいです。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 英検準1級ライティング(英作文)問題の概要
  • 当サイト推奨最強テンプレート定型文
  • 英検準1級ライティングの考え方・作成方法
  • おすすめの英検準1級ライティング対策参考書
  • 英検準1級ライティングの勉強方法
  • おススメ添削サービス
  • 英作文サンプル集

一番最後に私が書いた英検準1級の英作文集を載せたので是非参考にしてみて下さい。

本記事の信頼性

ゆるゆる英語

\純ジャパ サラリーマンの独学英検1級勉強法/

目次

英検準1級英作文問題の概要

万年筆

英検準1級の英作文問題とは

まずは、英検準1級のエッセイ問題がどんなものなのか知ることから始めましょう。

例として過去問を引用してみます。

●Write an essay on the given TOPIC.

●Use TWO of the POINTS blow to support your answer.

●Structure: introduction, main body, and conclusion

●Suggested length: 120-150 words

●Write your essay in the space provided on Side B of your answer sheet.

Any writing outside the space will not be graded.

TOPIC 

Do you think Japanese consumer will buy more imported products in the future?

POINTS

●Globalization

●Government policies

●Price

●Quality

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_p1/solutions.html

この問題の日本語訳は以下。

(試験本番は日本語訳はありません。)

【日本語訳】

●与えられたトピックについてエッセイ(小論文)を書きなさい。

●下のポイントから2つを使いあなたの意見を説明(サポート)してください。

●構成: イントロダクション、本論、結論

●エッセイの分量: 120-150 語

●解答欄B面の与えられたスペースにエッセイ(小論文)を書いてください。

解答欄外の記述は評価されません。

トピック

日本の消費者は将来もっと輸入品を買うようになると思いますか?

ポイント

●グローバル化

●政府の政策

●価格

●品質

このように日本語に訳してみると良く分かると思いますが、日本語でこの内容を書くのも結構難しい。

そう感じる人が多いと思います。

次に、この英作文問題の評価基準について解説します。

英検準1級 英作文評価基準

英検準1級は以下の4項目が評価されます。

  1. 内容
  2. 構成
  3. 語い
  4. 文法

この4項目それぞれ4点で、合計16点満点。

これをCSEスコアの750点満点に変換する方式です。

合格の目安ですが、各項目3点の合計12点です。

各項目について簡単に説明していきます。

1. 内容

指定されたルールの通りに書いているかがまず大事です。

指定された語数と、指定された言葉を使っているかを気を付けましょう。

また、冒頭と最後はきちんと自分の立場を明確に主張しましょう。

2. 構成

エッセイの構成になっているかです。

Introduction, Main body1, Main Body2, Conclusionの構成にしましょう。

各パートの冒頭はインデント(字下げ)を必ず入れましょう。

3. 語い

英検準1級英作文使用単語レベル
英検準1級英作文模範解答で使われている語彙レベル

英検準1級に相応しい単語を使いましょう。

英検準1級に相応しい単語レベルとは何かを調べてみました(上のグラフ)。

結果言っちゃうと、SVLのレベル7~9を合計で3語くらい使っていると恐らく語彙評価は満点になると思います。

ということでSVLのレベル7~9の単語帳である、究極の英単語Vol3は買っておきましょう。

詳しい調査の話は以下のページにまとめました。

>>英検準1級英作文ライティングの採点基準について調査してみた

4. 文法

文法ミスが無いように気を付けましょう。

自信が無い文法の文章は避ければ特に問題ありません。

参考書の文章の中で自分が使えそうなものを借用するようにすれば、大丈夫です。

当サイト推奨最強テンプレート定型文

エッセイ(小論文)と聞いてなんて書けばいいか分からないという人が多いと思います。

日本語の文章が起承転結で書きなさいと言われるように、英語のエッセイにも書き方があります。

書き方って言ってもそんな難しい話ではなく、テンプレートに記入していくだけです。

テンプレートは色々ありますが、当サイトが推奨するテンプレート定型文を紹介します。

私は、このテンプレートで英検1級を取得しています。

>>万能テンプレート 英検1級エッセイ・ライティング 簡単な書き方

他の方にも使っていただき、効果を実感いただいています。

ツイッターコメント

なるべく同じテンプレートを使って書くのがおススメです。

英検準1級の英作文は回答時間に限りがあります。

書き方に悩んでいると、あっという間に時間が過ぎてタイムオーバーになってしまいます。

予め、テンプレートに沿って書くように決めていれば、書き方で悩む時間を減らせます。

また、悩みながら書くと、それ以外のところに気が回らなくなってミスする可能性が高くなります。

テンプレートに書き込む作業と決めていれば、ケアレスミスが防止できます。

それでは私が推奨するテンプレート2つを紹介します。

英検準1級エッセイ テンプレート パターン1

Introduction   Some people say that 自分の意見の反対. However I think that 自分の意見 for the following two reasons.
Main Body1The first reason is that 〜.
Main Body2The second reason is that 〜.
ConclusionFor the two reasons mentioned above, I think we can say with confidence that 自分の意見(結論).
テンプレート パターン1

英検準1級エッセイ テンプレート パターン2

Introduction   Some people say that 自分の意見の反対. However I think that 自分の意見 for the following two reasons.
Main Body1First, ~.
Main Body2Second,~.
ConclusionTo conclude, I think 自分の意見 (結論).
テンプレート パターン2

2つの違いですが、語数です。パターン1のほうが20語ほど多くなります。

私は、最初はパターン1で書きだして語数が規定からオーバーする場合は消しゴムで冒頭の部分を消してパターン2に変更して調整していました。

パターン1は非常に自然な英語で語数を増やすことが出来ています。

よく大学入試とかの自由英作文と同様に、語数稼ぎでa lot of とか連発したりする人がいます。

やりすぎると不自然な英語になるので、辞めた方がいいです。

それでは、実際にテンプレートを使って考え方も説明しながら英検準1級の英作文を書いてみます。

英検準1級ライティングの考え方・作成方法

以下の3ステップで英作文を書いていきます。

  1. POINTSも見たうえで、書きやすいのが肯定か否定なのか決める (1-3分)
  2. 使うPOINTSと理由の書き方を、簡単に記述 (1分)
  3. それをもとにテンプレートに英語を書き込む (15-20分)

課題はこちら。

●Write an essay on the given TOPIC.

●Use TWO of the POINTS blow to support your answer.

●Structure: introduction, main body, and conclusion

●Suggested length: 120-150 words

●Write your essay in the space provided on Side B of your answer sheet.

Any writing outside the space will not be graded.

TOPIC 

Do you think Japanese consumer will buy more imported products in the future?

POINTS

●Globalization

●Government policies

●Price

●Quality

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_p1/solutions.html

1. POINTSも見たうえで、書きやすいのが肯定なのか否定なのか決める (1-3分)

英検準1級では課題に対し肯定か否定かの立場を決める必要があります。

大事なことは、自分が普段思っている立場ではありません。

英作文を書きやすいかどうかで立場を決めるべきです。

英作文が書きやすいというのは、意見をサポートする2つの理由が書きやすいかになります。

ポイントの単語を見たうえで、2つの理由が説明しやすい立場を選びましょう。

今回の場合はGlobalizationとQualityを使い肯定側で書きやすいと判断。

肯定で英作文を書いていくことにします。

2. 使うPOINTSと理由の書き方を、簡単に記述 (1-3分)

【結論】

日本の消費者は将来もっと輸入品を買うべき

【Main body1 (理由1)】

グローバル化 (globalization) により企業間の競争がより激しくなり、外国の製品の品質が向上する。

【Main body2 (理由2)】

海外の安く品質の高い (Quality) 製品を買うことで消費者にメリットがある。消費者はより安い(low Price)製品を購入できるし、余ったお金を趣味、勉強、投資など別の使い道に使用することができる。

このように、自分の主張をサポートする理由を2つ作りましょう。

3. それをもとにテンプレートに英語を書き込む (15-20分)

【英文(149語)】

  Some people say that Japanese consumers will continue to buy Japanese products like electronics because it is reliable. However, I think consumers will buy imported products in the future for the following two reasons. 

   First, globalization will make products from foreign countries more reliable. Due to globalization, competition between each company across the world will be harder. In order to survive this situation, companies have to improve the quality of their products. It is highly likely that most foreign products will be the same quality as that of Japan. 

   Second, Japanese people will enjoy the merits of buying imported high quality products. Imported products will be cheap with high quality. By buying them, we can save money and use extra money in different ways such as hobbies, studying and investment. Japanese people will soon realize that.

    To conclude, I think Japanese people will buy imported products in the future.

【日本語訳】

  日本の消費者は、信頼性が高いため、電子機器などの日本製品を購入し続けると言う人もいます。しかし、消費者は次の2つの理由から、将来的に輸入品を購入すると思います。

   第一に、グローバル化により、外国からの製品の信頼性は高くなります。グローバル化により、世界中の各企業間の競争はより厳しくなるでしょう。この状況を乗り切るために、企業は製品の品​​質を改善する必要があります。ほとんどの外国製品は日本と同じ品質になる可能性が高いです。

   第二に、日本人は輸入品を購入するメリットを享受するでしょう。輸入品は安くて高品質になります。それらを購入することで、さまざまな方法でお金を節約し、余分なお金を趣味、勉強、投資などに使うことができます。日本人はすぐにそれを理解するでしょう。

    結論として、日本人は将来輸入品を買うと思います。

【詳細解説】

Mainbodyの書き方

Mainbodyは以下の構造で書いていきます。

  1. 理由の説明(短く端的に記述)
  2. 具体例

1. 理由の説明(短く端的に記述)

EX)グローバル化により外国製品の品質が向上する。

 First, globalization will make products from foreign countries more reliable.

最初の理由は短く端的にを心がけましょう。

2. 具体例

次の文章は具体例を書きましょう。

具体例の書き方・考え方は以下の2パターンがおススメです。

●パターン1.

なぜ、そうなるのかメカニズムを説明する。(理由の理由の説明)

今回の場合は「なぜグローバル化で外国の製品の品質が上がるのか?」です。

⇒「グローバル化で企業間競争が激化し、生き残るために品質が上がる」です。

これを英語にすると以下になるわけです。

Due to globalization, competition between each company across the world will be harder. In order to survive this situation, companies have to improve the quality of their products. It is highly likely that most foreign products will be the same quality as that of Japan. 


グローバル化により、世界中の各企業間の競争はより厳しくなるでしょう。この状況を乗り切るために、企業は製品の品​​質を改善する必要があります。ほとんどの外国製品は日本と同じ品質になる可能性が高いです。

●パターン2.

最初の理由の文章をさらに詳しく具体的に書く。

これは今回の英作文のMain body2(理由2)で使いました。

理由の説明) 日本人は輸入品を購入するメリットを享受できる

さらに具体的に説明⇒

・安く高品質な輸入品を買うことで、お金を節約。

・余ったお金を、趣味、勉強、投資に使える。

これを英語にすると以下になるわけです。

 Second, Japanese people will enjoy the merits of buying imported high quality products. Imported products will be cheap with high quality. By buying them, we can save money and use extra money in different ways such as hobbies, studying and investment. Japanese people will soon realize that.

第二に、日本人は輸入品を購入するメリットを享受するでしょう。輸入品は安くて高品質になります。それらを購入することで、さまざまな方法でお金を節約し、余分なお金を趣味、勉強、投資などに使うことができます。日本人はすぐにそれを理解するでしょう。

再度繰り返しで、Mainbodyは

  • 理由のメカニズムの説明(理由の理由)
  • 理由をさらに詳しく書く

この2つのパターンを意識すれば、思いつかないという事態は防ぐことが出来ます。

英検準1級英作文 使える表現

英検準1級の英作文で良く使う便利な表現方法をまとめました

英作文に使ってみて下さい。

動詞 「引き起こす」

英語のエッセイでは無生物主語を使って文章を書くことが良くあります。

定番の動詞をいくつかの意味のグループで紹介します。

まずは引き起こす系です。

5のeventuate in は英検1級レベルです。

英検準1級であれば、1~4まで使いこなせれば十分です。

  1. cause~ (~の原因となる)
  2. bring about~ (~を引き起こす)
  3. lead to ~ (~につながる)
  4. result in ~ (~の結果となる)
  5. eventuate in ~(~の結果となる)

Second reason is that increasing longevity does not lead to a happy life

英検1級英作文サンプル 医療技術(科学)は社会に有益か?

寿命の増加が幸せにつながるわけでは無い。という文章でlead toが使われています。

動詞 「悪化させる」

悪化させる系も非常に良く使います。

  1. worsen~ (~を悪化させる)
  2. exacerbate~ (~を悪化させる)
  3. aggravate~(~を悪化させる)
  4. get worse (悪化する)
  5. deteriorate (悪化する)

英検準1級ではworsenとget worseを使いこなせれば十分だと思います。

英検1級になると1~5まで必要。

英検準1級の英作文でexacerbate, aggravate, deteriorateを使えたら評価は上がります。

These food shortages aggravate the situation of suffering from population growth.

英検1級英作文サンプル 世界の貧困をなくすことはできるのか?

「食料不足が、人口増加で苦しんでいる状況をさらに悪化させる。」という文章でaggravateが使われています。

As a result, economic growth in some countries will be enormously exacerbated

英検1級英作文 自由貿易の長所は短所を上回っているか?

Furthermore in those countries, the population is rapidly increasing and the situation will deteriorate

英検1級英作文サンプル 人口増加は将来の人類の脅威になるのか

Such as~

Such as ~は例えば~とつなげる表現。

~の部分には名詞が入ります。

Such as の下にA, B, C, and Dみたいに並列関係の名詞をくわえることで自然に語数を増やすことが出来ます。

例えば以下の文章では、「大学で費やしたこと」の補足として「お金と時間」をsuch as で付け足しています。

Third, some people who used to be smart in high school and graduated from a great university can’t succeed. In this case what they spent in college, such as money and time is meaningless. 

英検1級英作文サンプル 大学教育は皆に必要か

For example~

For example~も例えば~という文章。

~の部分は文が入ります。

自分の主張の理由説明に具体例を出すときに使います。

具体例を出すことで、主張の根拠が明確になりますし、さらに語数を自然な形で増やすことが出来ます。

例えば、以下の文章では、日本の高校の教育カリキュラムは古いという主張に対し、具体例(古文・漢文)をくわえて説明しています。

First, the education curriculum in high school is old. For example, ancient Japanese and Chinese are required to learn. However, these subjects are not practical, and most students will not use knowledge of them after graduation. This is just a waste of time.

英検準1級英作文サンプル 日本の高校教育は改善が必要か

In terms of~

In terms of~は「~に関していえば」や「~の面で言うと」と

主張の範囲を限定するときに使います。

In terms of picking jobs, money is the most important thing for me.

仕事を選ぶことに関して言えば、お金が一番重要だ。

こんな感じです。

英検準1級の英作文や面接後の質疑応答で、自分の意見の範囲を限定するのに使います。

例えば以下の英検準1級のエッセイでは、「知性がある動物と言うことに関して言えば、家畜も野生動物も同じ」と範囲を限定することで主張をしています。

非常に使いやすいイディオムですので是非覚えて使えるようにしておきましょう。

Second reason is that eating animals is a violation of animal rights. Recently, hunting whales and dolphins is limited because that is regarded as animal abuse. Farming animals like cows and pigs are the same as whales and dolphins in terms of mammals, which have intelligence. In order to protect animal rights, we should eat vegetables rather than meat.

英検準1級英作文サンプル 皆が菜食主義者になるべき

今回紹介した表現以外にも使える表現や理由が思いつかない時のテクニックを以下にまとめました。

興味がある人は是非読んでみて下さい。

>>英検1級 準1級 ライティング使える表現・フレーズ・理由が思いつかない時のテクニック

おすすめの英検準1級ライティング対策参考書

エッセイの参考書ですが、「英作文問題完全制覇」一択です。

これしかありません。これ以外を買う必要は全くありません。

理由は以下です。

  1. 過去問や旺文社参考書と比べ、文章が簡単(十分合格できる)
  2. 音声をダウンロードできるので、リスニングに使える

1. 過去問や旺文社参考書と比べ、文章が簡単(十分合格できる)

過去問の模範解答や旺文社の本を見て、びっくりした人も多いと思います。

あれはあくまで模範解答。

ここまで上手い英作文でなくても英検準1級は合格します。

もっと言うと、英検1級も合格します。

「英作文問題完全制覇」は、十分合格できるレベルで、しかも十分書けるレベルに収まっています。

この例文で使えそうなものを自分のものにするといいです。

2.音声をダウンロードできるので、リスニングに使える

音声を無料でダウンロードできます。

本にダウンロード用のパスワードが載っていますので、それを使ってダウンロードしてください。

これを使えば、耳でも文章を覚えることが出来るので効率がいいです。

英検準1級ライティングの勉強方法

英検準1級おススメのライティング勉強法は以下の4ステップです。

  1. 【対策1】ライティングのテンプレートを理解する
  2. 【対策2】ライティングの理由だしを日本語で練習
  3. 【対策3】英語でライティングしてみる
  4. 【対策4】添削サービスを使用してみる

【対策1】ライティングのテンプレートを理解する

一番最初は今回紹介したライティングのテンプレートを理解してください。

英検をこれまで受験したことがない人だと馴染みがないと思います。

何回かテンプレートで共通している表現を書き出してみると良いです。

【対策2】ライティングの理由だしを日本語で練習

日本語のメモ書きをする訓練をしてみて下さい。

課題を見て自分の意見と、理由を沢山日本語で箇条書きで書いてみる。

2つ以上書き出すようにしましょう。

英作文問題完全制覇の課題を使って、課題を見て日本語で理由を出すドリルを繰り返しましょう。

模範解答(日本語訳)を確認して、理由のアイディアで使えそうなものを覚えましょう。

【対策3】英語でライティングしてみる

どんな課題を見ても日本語で理由がポンポン出てくる状態になったら、英作文を実際に書く練習に進みましょう。

英作文問題完全制覇の書けそうな課題で挑戦してみることをおすすめします。

この時、時間も測るようにしてください。

本番の試験では20−25分くらいで書く必要があります。

普段の練習から、時間を意識して練習することで、合格に近づきます。

自分で書いた英作文と模範解答を見比べて見て、自分の主張に使えそうな、表現があれば取り入れましょう。

こうやって少しずつ、課題に対する主張の組み立て方、表現の仕方を覚えましょう。

また、英作文問題完全制覇は音声が使えます。

これを、暇なとき(通勤・通学中など)に聞くようにしましょう。

聞きながら、音に合わせて口を動かしてみて下さい。

何度も聞いて、キチンと理解できているのであれば、音声スピードを上げましょう。

こうやって表現を口を使って覚えると、定着が良くなります。

英検準1級のエッセイの勉強は、1級に向けた基礎作りにもなります。

英作文問題完全制覇の表現をなるべく覚えるように頑張りましょう。

【対策4】添削サービスを使用してみる

英検準1級のライティングは先生に見てもらうようにしてください。

自分だけで勉強していると、独りよがりになってしまいます。

間違った書き方をしていることに気が付かずに本番にのぞむことになります。

多くの人が得点源にしている英作文で大失点すると不合格確定です。

必ず第三者に見てもらい、高得点が取れる書き方を身につけることが重要です。

ここで活用してもらいたいのがオンラインの添削サービスです。

英検準1級に対応しているオンラインの添削サービスは色々あります。

無料体験が出来るものもあるので、まずは無料体験を試してみて、有料契約するか決めましょう。

色々あるので悩んでしまうって方に特にオススメなのがココナラ。

ココナラ はTV CMでもお馴染みの、知識やスキルを売買できるマーケット。

英語指導の経験豊富な人たちが、英作文の添削をしてくれます。

さらに英作文全体を見て英検に合格できそうな出来なのかをコメントしてくれます。

中には本番に合わせて採点してくれる先生もいます(以下画像)。

英検は英作文で合否が決まります、普段の英作文で合格できそうなのかを掴んでおくことが大事です。

合格出来るレベルの英作文がわかっていれば後はひたすら練習するだけですから、効率が上がります。

なるべく早めにココナラを活用して、実力チェックをやっちゃいましょう。

ココナラ採点の例
ココナラの添削の採点例(英検準1級)

ココナラは持ち込み添削が可能、つまり既に自分が書いたものを添削できます。

さらにココナラは無料体験ができます。会員登録は無料(1分で完了します)。

無料会員登録時に5日間有効の300円割引のクーポンが入ります。

添削は有料。英作文1つの添削1000円〜2000円くらいが相場。

気をつけて欲しいのが手数料が5.5%あること。1000円なら手数料込みの支払う金額は1055円になります。

無料体験出来ないじゃんってなりますが、当サイトの招待コード NGKGKV を使えば1000ポイント(1000円分)付与されます。(1000ポイント発行は1-2分の作業。)

300円割引クーポンも合わせると、以下の1000円で添削してくれる先生であれば実質無料体験が可能になります。

無料体験で注意が必要なのが期限です。先程も言いましたが、300円クーポンは会員登録5日間有効

無料体験したいなら早めに1000ポイント獲得手続きが必要です。

\ NGKGKV で1000ポイント使える /

合計1300円オフが可能

ココナラのポイント獲得方法について以下に超丁寧に解説しました。これを読めば簡単に無料で添削を受けることが出来ます。

まとめ

英検準1級のエッセイですが、基本のスタイルさえ理解してしまえば後は、問題演習を繰り返すことが重要です。

絶対の得点源になりますし、将来英検1級を受けるときにも役立つスキルですので頑張りましょう。

あとは適宜添削サービスを活用して、第三者のアドバイスを受けるようにしてください。

\無料体験あり/

英検合格のカギは英作文

参考までに英検準1級の過去問を当サイト推奨テンプレートで書いた例文を以下にまとめました。

英語学習にお役立ていただければ幸いです。

英作文サンプル集(英検準1級)

英検準1級の英作文サンプル集です。

過去問+私のオリジナル問題があります。

>>英検準1級,ライティング,予想問題,過去問,模範解答, トピック

英作文サンプル集(英検1級)

2015年までの英検1級の英作文は、準1級と内容はほぼ同じで以下。

● Write an essay on the given TOPIC covering three of the POINTS below.

● Structure: Three or more paragraphs, including an introduction and conclusion

● Length: Around 200 words

● Write your essay in the space provided on side B of your answer sheet. Any writing outside the space will not be graded.

理由が2つから3つになり、英作文の語数が200語前後となっただけです。

なので英検準1級の英作文で物足りない方は、2015年以前の英検1級の問題を解いてみるのもおススメです。

2010年から2015年までの英検1級のエッセイ問題と当方が書いたエッセイを以下にまとめました。

基本的には同じテンプレートで、シンプルな文章で書いているので分かりやすいと思います。

こちらも勉強にお役立てください。

スクロールできます
課題
2015  3Will fossil fuels such as oil and gas still be the world’s main source of energy in the coming decades?
20152Can international terrorism ever be eliminated?
20151Should cloning research be promoted, or should it be discontinued?
20143Has urbanization had a positive effect on Japanese society?
20142Can the global food supply be ensured in the coming decades?
20141Do the benefits of free trade outweigh the disadvantages?
20133Does the mass media have a beneficial effect on society?
20132Should minors who commit serious crimes receive the same punishments as adults?
20131Do multinational corporations play a positive role in today’s world?
20123Does more need to be done to address Japan’s low birthrate?
20122Agree or disagree: Space exploration should be continued
20121Can the global demand for water be met in the future?
20113Agree of disagree: World poverty can be eliminated
20112Is too much emphasis put on work in modern society?
20111Agree or disagree: A college education is necessary for everyone
20103Are prisons an effective way to deal with criminals?
20102Do the benefits of hosting international sporting events outweigh the disadvantages?
20101Should Japan play a bigger role in international affairs?
英検1級英作文過去問題

合わせて読みたい

当サイトでは英検1級、準1級などの英語試験の勉強法をシェアさせていただいております。

ライティングには特に力を入れており、私が書いたライティングを全て公開しております。

皆様の英語学習の参考になりましたら、幸いです。

英検ライティング添削Navi

英検ライティング添削Naviは英検の各級に対応している添削サービスを紹介するツール。
質問に答えていくだけで、適切な添削サービスが分かります。

英検面接オンラインスクールNavi

英検の面接に対応しているオンライン英会話スクールを紹介するツール。
質問に答えていくだけで、適切なオンラインスクールが分かります。

【英作文集】課題別

英検準1級対策

英検準1級対策関連記事はこちらをご覧ください。

英検1級対策

英検1級対策関連記事はこちらをご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次