英検準1級エッセイ対策

英検準1級英作文サンプル 皆が菜食主義者になるべき

英検準1級英作文サンプル 皆が菜食主義者になるべき

当サイトが推奨するテンプレートを用いて英検準1級の課題の英作文を書いてみました。

当サイトの推奨テンプレートの解説記事は以下です。

私はこのテンプレートを使って英検1級に合格しています。

>>英検準1級エッセイ対策

More people should become vegetarian in the future

  • Animal right 
  • Cost
  • Environment
  • Health

英作文(146語)

Some people say that it does not matter that we will continue to eat meat. However, I think we should become vegetarian in the future for the following two reasons.

First reason is that farming animals is harmful for the environment. For example, cows emit methane gas, which is much more effective in increasing global warming than carbon dioxide. When we stop eating beef, global warming will become slower. 

Second reason is that eating animals is a violation of animal rights. Recently, hunting whales and dolphins is limited because that is regarded as animal abuse. Farming animals like cows and pigs are the same as whales and dolphins in terms of mammals, which have intelligence. In order to protect animal rights, we should eat vegetables rather than meat.

For the two reasons mentioned above, I think we can say with confidence that eating animals should be banned.

日本語訳

肉を食べ続けても構わないと言う人もいますが、次の2つの理由から、将来は菜食主義者になるべきだと思います。

 第一の理由は、家畜の飼育は環境に有害であるということです。たとえば、牛はメタンガスを放出します。これは二酸化炭素よりはるかに地球温暖化に作用します。牛肉を食べるのをやめると、地球温暖化の速度は遅くなります。

 第二の理由は、動物を食べることは動物の権利の侵害であるということです。最近では、動物虐待とみなされているため、クジラやイルカの狩猟は制限されています。牛や豚のような飼育動物は、知性を持っている哺乳類という点ではクジラやイルカと同じです。動物の権利を守るためには、肉ではなく野菜を食べるべきです。

 以上の2つの理由から、動物を食べることは禁止されるべきであると自信を持って言えると思います。

解説

私は採食主義者ではありません。

肉が食べたいです。タンパク質は豆などから接種できますが、やはり肉が食べたい。

あとBiyond Meatみたいな代用肉が作られるようになっていますが、不飽和脂肪酸を肉より多く含むため、

健康に悪い可能性があるようです。

なんで、皆が菜食主義者になるという意見に対し個人的には反対です。

でも、ここは英検です。

英検では常に理由が説明しやすい立場を選ぶべきです。

菜食主義者になるべきのほうが理由が作りやすかったので、今回の英作文のようになりました。

それでは理由をあげていきます。

  • 家畜(牛)はメタンガスを放出する⇒メタンガスは温室効果が高く、地球温暖化が促進される。
  • 動物の権利の侵害である⇒家畜もクジラやイルカと同じで知性を持つ哺乳類である。

と、いわゆる環境団体や動物保護団体が言っているような主張を採用しました。

ロジックはこれで十分だと思います。

あとは当サイトが推奨するテンプレートに書き込みました。

今回の表現で紹介したいのはFor exampleとin terms of です。

For example~は例えば~という意味。英検準1級、英検1級ではよく使う表現の一つです。

自分の主張を裏付ける具体例がある場合は、これを使うのが便利です。

in terms of~ は~に関してという意味です。

これは英作文でも使えますし、将来的に英検1級を受験する際には面接官とのディスカッションで使えます。

是非覚えておきましょう。

書いた英作文を添削するならアイディーの無料体験がおススメです。

以下のページに詳細が書いてありますのでご覧ください。

>>英検 英作文 アイディーで無料添削

合わせて読みたい

合わせて読みたい
no image
英検準1級 英作文 例文集まとめ

続きを見る

合わせて読みたい
英検準1級単語対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検準1級エッセイ対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検準1級 リスニング対策

続きを見る

カテゴリー

-英検準1級エッセイ対策
-