TOEIC900

TOEIC900点を狙え! 韓国の公式問題集がコスパ満点!

対象: TOEIC800-850点前後でTOEIC900点を目指している方

日本のTOEIC公式問題集をやりつくした方 韓国の公式問題集がベストです

TOEIC900点を目指している方であれば、TOEICの公式問題集を買って勉強するのはマストだと思います。

まだTOEIC公式問題集買っていないって方はこちらのページを参考にしてみてください。

何度も勉強してリスニングは通勤時に倍速で何度も聞いて暗記しているレベル。

そんな方であれば、最後の〆に本番練習を繰り返したいところでしょう。

でも、日本で手に入る公式問題集は全てやりつくしてしまった。。。。

そんな方には韓国で販売されているTOEICの公式問題集が超おススメです。

韓国のTOEIC公式問題集のメリット・デメリットですが、以下です。

メリット
・問題数が多くてコスパがいい
・公式問題集なのでナレーターも実際の試験の人が担当

デメリット
・解説が韓国語
・一部問題が日本の公式問題集と被る

メリットですが、問題数が多くてコスパがいい点です。日本の公式問題集ですと1冊に過去問2回分しか入っていません。

それでいて3000円以上しますよね。つまり1回分が1500円もします。

それが例えば韓国の公式問題集1000LESTENINGと1000READINGであれば、10回分で約7000円。なんで1回700円です。大体1/2のコストになるんです!。

また、ETSが過去に使った過去問から作っていますので、品質は抜群です。

ナレーションもいつものメンバーですから間違いないです。

デメリットは解説が韓国語という点ですね。

ただしTOEIC800-850点前後の方であれば、英語の解説は無くて問題無いでしょう。

特にリスニングについては英語のスクリプト(原稿)がついていますので、読めば自分が聞き取れない所がわかります。

リーディングだって試験問題を読み直せばいいだけですし、文法も分からない所は自分で調べればいいだけ。

全く問題ないですね。

最後に一部の問題が日本の公式問題集と被ってしまう点についてですが、仕方ありません。

許容して買ってもらうしかないと思います。

試験前のラストスパートに、本番練習を繰り返したいという方であれば、おススメでは無くて必須の書籍だと思います。

幸い韓国の公式問題集ですが、韓国に行かなくてもアマゾンで購入できます。

ここでは公式問題集のリンクと音声ファイルの入手の仕方について説明したいと思います。

韓国のTOEIC公式問題集紹介

韓国TOEIC公式問題集音声ファイルの入手の仕方

韓国の公式問題集の音声ファイルですが、

YBD booksのページにいってください。

全部ハングルになっていますが、以下の要領でクリックしていけば簡単に入手できます。

自分が購入した本の表紙の画像をクリック

MP3ファイルの保存場所を選択

自分が使用したい音声ファイルを選択

一応ここだけ詳細説明します。

①通常Ver. テスト1回分が45分で収録されており、10回分の10ファイルあります

②設問分けVer. 設問ごとに分けられています。復習もしたいと思うのでこれを使うのがベストです。

③高速Ver. 40分で収録されています。

④雑音Ver. 実際のテストのような雑音がところどころに入ります。

⑤通常Ver. 私が聞いた限りは①と同じのように感じました。

ということで、私は②をお勧めします。

-TOEIC900

© 2020 ゆるゆる えいご Powered by AFFINGER5