映画で英語学習

【映画で英語学習】ターミネーター2英語セリフまとめ5選

【映画で英語学習】ターミネーター2英語セリフまとめ5選

今回はターミネータ2の英語のセリフを10個まとめて解説します。

ちなみにアマゾンで字幕版のターミネーター見れちゃいます。

 

ターミネータ2 あらすじ

知能をもったコンピューター、スカイネットと人類の戦い。人類は破滅的状況にまで陥いるも、抵抗軍の指導者ジョン・コナーの指揮のも戦いを優位に進めていく。

スカイネットは、指導者ジョン・コナーを暗殺するため、T-1000という最新の液体金属型ターミネーターを過去に送り込む。

抵抗軍は同じタイミングでジョン・コナー救出のためT-800(シュワちゃん)を送りこむ。

一方で、抵抗軍リーダーであるジョン・コナーは1994年の自分を守るために旧型ターミネーターT-800を送った。

”I need your clothes, your boots, and your motorcycle”

映画冒頭、素っ裸のシュワちゃんが、自分と体形が一致した男性にいうセリフ。

シュワちゃん”I need your clothes, your boots, and your motorcycle”

男                  "You forget to say please."

シュワちゃん”お前の服とブーツと、バイクが必要なんだが”

男                  "お願いしますが、抜けてるぜ"

男性はジャケットにズボン、下着と色々来てるのでclothesと複数形になってます。

 

”Your foster parents are dead”

ジョンの声を使って、T-1000と会話するシュワちゃん。

電話を切ったあとにいうセリフ。

”Your foster parents are dead”

”お前の育ての親は死んだ”

foster parentsは育ての親という意味。

 

”Come with me if you want to live”

精神科病棟でシュワちゃんがサラ・コナーにいうセリフ。

”Come with me if you want to live”

”生きたかったら、俺についてこい”

 

”I don’t know how much longer I can hold this”

スカイネット創設者のダイソンの最期のセリフ。

”I don’t know how much longer I can hold this”

”どれくらい、これを持てるか分からない”

 

“I know now why you cry, but It’s something I can never do.”

溶鉱炉でT-1000との戦いに決着がついた後、

シュワちゃんが泣いているジョンに言うセリフ。

“I know now why you cry, But It’s Something I can never do.”

”なぜお前が泣いているのか理解したよ、だが私には一生できないだろう”

 

‘I’ll be back’

ターミネータシリーズで良く使われるセリフ。

シュワちゃんの代名詞。

‘I’ll be back’

"戻ってくるぜ"

 

まとめ

いかがでしたか。

ターミネーター2はアクション映画なので、そこまで難しい英語は使われていません。

ターミネーター役にシュワちゃんが選ばれたのも、オーストラリア訛りの英語でたどたどしいほうがロボットぽくて良かったからと言われてます。

なので、英語学習には意外とおススメです。

今回の記事を見比べながら、是非ターミネーター2を見直してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

当サイトでは主にTOEIC900点を目指す方、さらに上の英検1級を目指す方向けに記事を書いています。

特に英検1級については、かなり力を入れて執筆しています。

英検1級は、国内最難関の英語資格試験ですが、以外にあっさり合格できます。是非こちらのページも読んで英語学習の参考にしていただければ幸いです。

合わせて読みたい
英検1級単語問題対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級長文問題対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級 エッセイ・ライティング対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級リスニング対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級2次試験対策

続きを見る

カテゴリー

-映画で英語学習