英検2級その他

【英検2級 1週間で受かりたい】ギリギリ合格する勉強法

studyの積み木

悩んでいる人

英検2級を受験予定ですが、全く勉強していません。1週間で受かりたいです。ギリギリでいいです。何とかなる方法を教えてください。

こんなお悩みを解決します。

【執筆者紹介】この記事の信頼性

ゆるゆる英語プロフィール

\純ジャパ サラリーマンの独学英検1級勉強法/

英検1級対策まとめ

当サイト執筆者のゆるゆるです。

私も英検1級にギリギリで合格した経験があります(体験記事はこちら)。

その経験を元に英検を中心にした英語勉強方法を中心に解説しています。

最近では実績も出てきており、当サイトを活用し英検1級に合格した方もおります。

ツイッターコメント
ツイッターの読者の方
英検1級の合格実績
武田塾のブログより

前置きはここまでにして本題に移ります。

1週間。。。かなり難しいです。

英語は積み重ねが大事な教科。

ピンポイントで暗記をして突然点数が上がるって言うことは、あまりありません。

英検2級を受験するのですから、何もしないで受験するのは受験料がもったいないです。

1週間で可能な出来ることは限られています。

やれることやり切りましょう。

上手に時間を使って、一発逆転の気持ちで集中して頑張りましょう!!

今回ですが、1次試験と2次試験それぞれについてギリギリでもいいので1週間で合格する方法を解説していきます。

少々長い記事にはなりますが、お付き合いください。

【1次試験】英検2級 ギリギリ合格は何割か?

一番大事なことです。

英検は合否がある試験。

ギリギリだろうが、合格は合格。

超えるべき目標をしっかり定めておきましょう。

結論ですが、素点で65%です

合計の素点です。

もう少し低くても合格する例がありますが、65%取っていれば確実です。

各技能のバランスが取れていれば、理想的ですが、合否のある試験です。

とりあえず合格すればいいです。

正答数問題数正答率
リーディング253866
リスニング153050
ライティング15 1694
合計558465

こんな感じでリスニングが半分くらいでも、突出していいところがあれば、合格できます。

そして、英検はライティングの評価が滅茶苦茶甘という特徴があります。

これは英検2級だけでなく英検1級も共通している特徴です。

協会の英作文の模範解答は結構立派ですが、あそこまで書かなくても満点が取れます。

満点取ればよっぽどのことが無い限り1次突破は確定。

なので、ライティングを集中して勉強して、可能な限り高得点を取りましょう。

【今すぐにやる!】英検2級 ギリギリ合格へ今の実力を把握!

learnの積み木

ということで残り1週間。

まず直ぐにやるべきは、現在の実力を測ること。

実力を測定して目標の65%に対して、実力はどうなっているのか確認しましょう。

実力把握をせずして、効果的な勉強はできません。

1週間しかないので、効率良く勉強しなければなりません。

実力を把握するってのは正直辛いです。人間は誰でも現実を知りたくない。

でもここを通らずしては合格は無いのです。

覚悟を決めてやりましょう。

実力把握の仕方は以下です。

  1. 過去問を時間を測って1セット解く(英作文以外)
  2. 英作文はmytutorの無料体験で採点してもらう

①過去問を時間を測って1セット解く(英作文以外)

まず、英作文以外を時間を測って1セット解いてください。

リーディング(単語+長文読解)は50分としてください。

リスニングの先読み時間を10分。

リスニングは25分です。

過去問を持っていない人は、こちらのサイトを確認してください。

協会では直近の過去問3回分を公表しています。

これを1セット英作文以外を時間を測って解いてください。

②英作文はmytutorの無料体験で採点してもらう

英作文の実力確認はmytutor の「添削くん」というサービスを利用しましょう。

  • スマホから提出可能(PC、タブレットも可)
  • 添削+CSEスコアで採点
  • 48時間以内に添削
  • アカウント作成も簡単・安心
  • 無料体験あり(有料に切替わることはありません)

mytutor の「添削くん」は20問ほどある指定の課題から2つ、無料で添削を受けることが可能。

20問くらいあるので、書きやすいものを選んで25分で英作文を書いて添削してもらいましょう。

20問もあるので悩んでしまうというのであれば、取りあえずこの問題で実際に紙に英作文を書いて下さい。

(mytutor添削くんの第1問です。)

Some people say that Japanese high schools should take their students on trips abroad. What do you think about that?

・Necessary
・Experience
・Emergency
・Anxious

mytutor添削くん問題1

あとはmytutor にアカウント登録して添削に出してください。

英語タイピングが面倒な人はGoogleレンズ使ってください。

英作文の写真を撮って、1-2分の作業でテキスト化できます。

以下の図で示すように、スマホを使えば合計30分くらいの作業で提出できます。

mytutor提出フロー
mytutorの添削依頼の流れ(詳しくはこちら)

アカウント登録に必要な情報は以下です。

  1. メールアドレス
  2. パスワード
  3. 名前
  4. ニックネーム
  5. Zoom, skypeのメールアドレス

Zoom or スカイプのメールアドレスも聞かれますが、オンライン英会話を受けるわけでは無いのでテキトーでいいです。

取りあえず、Zoomにして自分のメールアドレス入力しましょう。

アカウント登録、添削の提出はスマホからでもできます。

クレジットカードなどの支払い情報の登録は無いので学生さんでも無料体験を安心して受けることが出来ます

私が体験した時は提出後12時間くらいで添削してもらえました。

以下のように添削結果とCSEスコアがメールで届きます。

【mytutor無料体験】私が提出した課題

Many children today spend less time outside than before. Do you think children should spend more time outside?

・Adventure
・Strength
・Nature

mytutor添削くん問題4

【mytutor無料体験】提出した英作文

I think that children should spend more time outside for the following two reasons.

 First, children get their strength when they play outside. Today, it is reported that the physical strength of children is weaker than that of 20 years ago. It is said the main reason for this is children spend less time outside.

 Second, by spending time outside, children learn about nature. Today, protecting the environment is a serious problem. To increase awareness of the environment, children should immerse themselves in nature.

 For the following reasons mentioned above, I believe that children should spend more time outside.

【mytutor無料体験】添削結果

英検2級採点_指摘内容

【mytutor無料体験】採点結果

英検2級採点

上記スコアの場合は、575/650×100=88%です。

これで3技能の実力チェックが完了しました。

これで合格目安の65%を超えるのか確認してみて下さい。

上記の説明で特に問題なく添削してもらえると思いますが、不安な人向けに詳細の解説をしました。

パソコン、スマホユーザー向けに分けて書いてます。

スマホのほうが圧倒的に作業が早いのでお勧めです。

\mytutorの使い方詳細/

パソコンボタン
スマホボタン

\無料体験はこちら/

【1次試験】英検2級最短合格のための優先順位と学習のポイント

開かれた4冊の本

今回ですが、1週間しか時間がありません。

時間を効率よく使うために、勉強の優先順位と学習ポイントをまとめました。

この情報を参考に効率よく勉強してみて下さい。

優先順位

優先順位は以下です。

  1. 英作文ライティング
  2. 得点力が無いところ(素点60%以下)

英作文ライティング

まず優先してほしいのは英作文ライティングです。

英検2級は英作文ゲームです。

英作文がよければ、他がクソでも合格します。

でも普段の練習で書いている英作文が50%くらいの得点しか取れないものであれば、本番も同じです。

本番の英作文で50%だと、合格は厳しいでしょう。

だからこそ、普段練習で書いている英作文が良いのか?悪いのか?を他の人から見てもらう必要があるのです。

mytutorで実力確認で自分の英作文の課題が見いだせたと思います。

項目説明
Content / 内容課題で求められている内容(意見とそれに沿った理由)が含まれているかどうか
Coherence & Cohesion / 構成英文の構成や流れがわかりやすく論理的であるか
Vocabulary / 語彙課題に相応しい語彙を正しく使えているか
Grammar / 文法文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか
mytutor結果

上記評価の中で、私の場合はVocabularyが130/162.5と低く、改善が必要です。

添削で指摘されているように、同じ単語を使わないように単語を変えていく必要があります。

このような感じでmytutorで指摘されたところを意識して英作文を書くようにしましょう。

この英作文練習に可能な限り時間を取ってください。

時間がどのくらいあるかによりますが、ラスト1週間ですから1日1時間半くらいは英作文に力を入れてほしいです。

もう試験本番まで、時間はありません。

試験本番を意識し、模擬試験のような練習をするしかないでしょう。

テンプレートを固定して、25分以内に英作文を書く練習を1日2つやりましょう。

当サイトでは以下のテンプレートを推奨しています。

Introduction   I think that 自分の意見 for the following two reasons.
Main Body1First, 〜.
Main Body2Second, 〜.
ConclusionFor the two reasons mentioned above, I believe that 自分の意見(結論).
テンプレート

この固定テンプレートに書き込むやり方が効率がいいです。

(このテンプレートで文字がどうしても足りないひとはこちらのページを読んでみて下さい。)

固定テンプレートがいい理由は以下。

  • 文章全体の構成に時間を使わないで、英作文が書ける⇒短時間で書ける
  • 余計な事に頭を使わないので、書くことに集中できる⇒ケアレスミスを減らすことが出来る

1日2つの課題を書けば5日で10個書くことが出来ます。

1週間の学習量としてはこれで十分です。

1日50分で英作文を2つ練習し、残り30-40分で模範解答を読んで、自分に足りない場所を練習してください。

問題は直近の公開されている過去問3題+英作文の問題集がいいです。

英作文の問題集は以下の記事を参考にしてください。

>>【英検2級ライティング対策】テンプレート・書き方・コツ

問題集が無い場合は購入しに行く時間も勿体ないので、当サイトの英作文集の課題を使ってみて下さい。

得点力が無いところ(素点60%以下)

英作文以外で頑張るべきは得点力が無いところです。

残り1週間あれば、滅茶苦茶頑張れば伸びます。

どうせ1週間だけなので、自分がどこまで勉強できるのか?

そして必死になって勉強すればどこまで成績を短期間で伸ばせるのか?実験してみると良いです。

学習のポイント

1週間で英検2級対策をする際の学習ポイントについて解説していきます。

  1. 単語は「出た単」が効率よい
  2. リーディングは直近の過去問3つで十分
  3. リスニングも直近の過去問3題で十分
  4. ライティングは5日で10題書く

①単語は「出た単」が効率よい

当サイトでは英単語対策は究極の英単語を推奨しています(理由は以下のページで解説)。

>>英検2級 英単語問題は難しい?難易度レベルを調査・解説

1週間しか時間が無いのであれば、英単語は参考書ではなくアプリのほうが効率がいいです。

おすすめは「出た単」

理由としては自分が分からない単語だけ勉強できるため。

単語帳だと知っている単語と分からない単語にイチイチ鉛筆で印を入れる必要がありますが、アプリなら不要。

これを使って時短で単語を覚えられます。

②リーディングは直近の過去問3つで十分

リーディングは直近の過去問3セットで十分です。

1週間ですから、むやみやたらに手を出す必要は無いです。

1日目に1個実力試しをしたら、3日目と5日目に残り2セットの実力試しを時間を測ってやりましょう。

あと復習をしっかりやりましょう。

まず、長文中の分からない単語を調べる、読み切れなかった場所を和訳を使って調べるは確実に実施。

その語通しで再度読んでください。

ここで意味を取れる限界の速度で読む訓練を何度もしてください。

過去問3セット分しかありませんが、これを何度も繰り返せば大幅に得点が上がります。

③リスニングも直近の過去問3セットで十分

リスニングも1週間しかないのであれば、直近の3セットの過去問で十分です。

実力試しで解いた後は、スクリプトを見ながら再度聞いてみて下さい。

聞き取れなかったところは、これで聞き取れるようになります。

あとは何度も聞くのを繰り返すだけです、通学中にボーっとしているのは時間の無駄。

リスニングに使って下さい。

また、毎日必ず1セットを使って本番と同じように解く練習をしてください。

答えが分かってしまっていても構いません。試験本番に向けて解答のリズムが保つためのトレーニングです。

特に問題文と選択肢の先読みのタイミングを逃さずに確実にやってください。

具体的な先読みタイミングは以下です。

  1. リーディングとライティング問題が解答完了後(10分程度を事前に確保)
  2. 各課題の説明放送が流れている間(2分程度)
  3. 問題を回答して、次の問題の放送が入るまでの間(30秒程度)
1. 英作文作成後

英作文作成後にリスニング問題全ての問題文と選択肢をまずは読みましょう。

これが1回目の問題文・選択肢読みになります。

これをやるには、リーディングとライティングを10分前までに完了させる必要があるので時間管理をしっかりやる必要あり。

流石に、全ての問題と選択肢に目を通すと、それを覚えきることは出来ません。が、取りあえず目を通すのが大事です。

本番前の練習ではリスニングに取りかかる前に10分間の時間を取って問題文と選択肢を全て読んでください。

何回も解いていると覚えてしまいますが、あくまでも本番と同じリズムを身体で覚える練習なので必ずやりましょう。

2. リスニング各パートの問題を説明している時

リスニングは各パートの最初に、問題の説明があります。

この時にボーっと聞いてるのでは無くて、問題と選択肢を再度読みましょう。

これで2回読んだことになります。

3. 問題を解答し終わった後

最後は問題を解答し終わった後に、次の問題の問題文と選択肢を読みましょう。

これで3回読んだことになります。

3回読めば、試験本番で初見の問題であったとしても、頭にしっかり問題が入ると思います。

この状態であればリスニングに集中しながら、正解を選ぶことができると思います。

何度も言いますが、このリズムを崩さないように普段から過去問を使って繰り返し練習しましょう。

本番まで1週間しかないので、リスニング力が劇的に伸びることは無いかもしれませんが、本番と同じ練習をすることで試験に慣れて得点力を上げることが期待できます。

④ライティングは5日で10題書く

ライティングは先ほど説明しましたが、1日2問課題を時間を測って書いてください。

mytutor で採点された結果をみて、改善が必要なところに力を入れて書くと良いでしょう。

5日間やれば10問書いたことになります。

最後にmytutor の2回目の無料添削を使って実力確認をしてみましょう。

\無料体験はこちら/

【1次試験】1週間の勉強スケジュール

1週間しかないので、自分が時間を投入できるところに絞りましょう。

色々な参考書に手を出すとかえって効率が悪くなります。

参考書はインターネットで入手できる過去問3セットで十分です。

また、目標とする点数と自分の現在の実力を正確に把握することが、非常に大事です。

英作文は本番まで採点される経験が無いと思うのでmytutor の無料体験を活用して採点してもらいましょう。

1週間で一発逆転をかけるための勉強スケジュールイメージを作成しました。

最低ラインこれくらいはやっておく必要があります。

最低ラインと言いましたが、1日5-6時間勉強のイメージ。

かなり辛いと思います。1週間だけなので、気合でやってみましょう。

日数単語長文リスニングライティング備考
1日目・実力確認(過去問1セット目)
・1セット目復習
・出た単
・実力確認(過去問1セット目)
・1セット目復習
・実力確認(過去問1セット目)
・1セット目復習
・実力確認(mytutor)
実力確認は時間を測ること
2日目・1セット目復習
・出た単
・1セット目復習・1セット目復習・課題1, 2(+復習)
・mytutor 復習
mytutorは添削結果が来たら復習
3日目・実力確認(過去問2セット目)
・1セット目復習
・出た単
・実力確認(過去問2セット目)
・1セット目復習
・実力確認(過去問2セット目)
・1セット目復習
・課題3, 4(+復習)実力確認は時間を測ること
4日目・1,2セット目復習
・出た単
・1,2セット目復習
・1,2セット目復習
・課題5, 6(+復習)
5日目・実力確認(過去問3セット目)
・1,2セット目復習
・出た単
・実力確認(過去問3セット目)
・1,2セット目復習
・実力確認(過去問3セット目)
・1,2セット目復習
・実力確認(mytutor)実力確認は時間を測ること
6日目・1,2,3セット目復習
・出た単
・1,2,3セット目復習・1,2,3セット目復習・課題7, 8(+復習)
・mytutor復習
mytutorは添削結果が来たら復習
7日目・1,2,3セット目復習
・出た単
・1,2,3セット目復習・1,2,3セット目復習・課題9, 10(+復習)
本番
英検2級1次試験1週間での対策スケジュール案

【2次試験】1週間でギリギリ合格には音読が必須

1次試験さえ合格してしまえば、2次試験まではもう少しだけ余裕が出来ます。

2次試験は独り言(音読)が絶対に必要です。

こちらを何度も音読して自分でスラスラと言えるようになるのが良いです。

また、英語に慣れるというのも大事になります。

いきなり面接で英会話をするというのはハードルが高いので事前に英会話をする経験をしておくと良いでしょう。

一番簡単なのが、オンライン英会話です。

オンライン英会話にも2パターンあります。

  1. 英検2級対策があるオンライン英会話
  2. 自由英会話がメインのオンライン英会話

1. 英検2級対策があるオンライン英会話

上記のオンライン英会話は英検2級の面接対策があります。

しかも無料体験で英検2級面接対策を受講可能です。

この中でも特におススメしたい無料体験がベストティーチャーとワールドトークです。

それぞれについて解説します。

ベストティーチャー

ベストティーチャーは以下のように英作文⇒英会話をウリにしているオンライン英会話。

best Teacher内容
ベストティーチャーの勉強ステップ

英検2級の無料体験コースは以下の順番で勉強していきます。

  1. 指定の課題で英作文を提出
  2. 英作文について講師とチャットでQ&A
  3. 英作文とQ&Aの内容について講師から添削してもらう
  4. 添削してもらった内容で復習
  5. オンライン英会話

質疑応答のレベルは英検2級よりも難しいですが、チャットなので自分のペースで調べながら答えればいいです。

(心理的プレッシャーは英会話より楽です。)

最後のオンライン英会話は自信がなければ、やらなくてもいいです。

詳しくは以下のページに記載しましたので確認してみて下さい。

ベストティーチャーの英検2級対策コース無料体験の入り口は少し分かりにくいです。

通常の英会話コースの無料体験の入り口に入ってしまうと、戻ることが出来ません。

以下のボタンからですと、入ってすぐに級を選ぶだけです。

\英検2級対策コース無料体験はこちら/

ワールドトーク

ワールドトークは日本人講師が教えてくれるオンライン英会話です。

英検を受験して合格している先生が担当してくれるので、2次試験合格に向けて必要な部分を細かく指摘してもらえます。

また、英会話で詰まったときも日本語で対応できるので安心です。

アカウントを作ると無料体験用のポイントが配布されます。

このポイント内で対応できる講師を選んで、無料体験レッスンを受けることが出来ます。

事前に講師に英検2級の二次試験レッスンを受けたいというのを伝える必要があります。

受講の仕方についてですが、私が英検1級の無料体験を受けたときの記事を以下にまとめましたので御確認下さい。

(やり方は級は違いますが、同じです。)

>>【英検対策】ワールドトーク英検対策【無料体験】

\英検2級対策コース無料体験はこちら/

2. 自由英会話がメインのオンライン英会話

大手のオンライン英会話は自由英会話がメイン。

英検2級対策コースがあったとしても無料体験は出来ません。

メリットですが、先生が多く在籍しているので予約に困らない点。

英検対策があるスクールは試験前になると予約が取りにくくなるので、その場合は大手のオンライン英会話を使ってみましょう。

以下のオンライン英会話は25分の無料体験レッスンを2回受けることが出来ます。

登録も名前とメールアドレスだけなので安心です。

  1. レアジョブ英会話
  2. 産経オンライン英会話Plus
  3. DMM英会話

オンライン英会話だけだと実際に対面で話す経験がつめないから不安という人もいると思います。

その場合は、英会話カフェや英会話スクール(無料体験)を活用しましょう。

英会話カフェは1回500-1500円程度で英会話が出来るところが多いです。

気軽に行けるのがいいですね。

中には無料体験レッスンがあるところもあります。

(店舗一覧を載せたので確認してみて下さい。)

ただし、英会話カフェは首都圏にしかないことが多いです。

そのような場合は英会話スクールを使ってみるのもあり。

英会話スクールであれば地方都市の駅周辺に必ず何校かあります。

無料体験をやっているところがほとんどです。活用してみるのもあり。

ただし、体験前にコースの説明や入会の勧誘があります。

(彼らの大事な仕事だから当たり前。)

この中でも特におすすめなのが、ECC外語学院と、シェーン英会話。

英検対策コースを無料体験で受講できます。

  1. ECC外語学院  無料体験で40分のレッスン受講可能
  2. 【シェーン英会話】 イギリス英語を無料体験で学べる
  3. 駅前留学のNOVA  駅前留学!

合わせて読みたい

当サイトでは英検1級、準1級などの英語試験の勉強法をシェアさせていただいております。

ライティングには特に力を入れており、以下のように私が書いたライティングを全て公開しております。

皆様の勉強のお役に立てましたら、幸いです。

英検2級対策

英検2級対策はこちらをご覧ください。

>>英検2級対策

英検準1級対策

英検準1級対策関連記事はこちらをご覧ください。

合わせて読みたい
スマホとイヤホン
【聞き取れない?大丈夫!】英検準1級 リスニング問題の傾向・対策

続きを見る

合わせて読みたい
ノートの文字
【英検準1級英作文ライティング対策】テンプレート定型文・書き方

続きを見る

合わせて読みたい
3本のボールペン
【読めない】英検準1級 長文リーディングのコツ 対策まとめ

続きを見る

英検1級対策

英検1級対策関連記事はこちらをご覧ください。

合わせて読みたい
単語量
英検1級 語彙問題対策 合格に必要な単語数は1万語 !覚え方解説

続きを見る

合わせて読みたい
辞書
英検1級長文リーディングは満点可能!対策・テクニック解説

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級ライティングの目標
万能テンプレート 英検1級エッセイ・ライティング 書き方・対策

続きを見る

合わせて読みたい
白いヘッドホン
【完全版】英検1級リスニング 対策・練習法まとめ

続きを見る

合わせて読みたい
マイク
英検1級二次試験 面接スピーキングのコツ・練習法・対策まとめ

続きを見る

  • この記事を書いた人

ゆるゆる英語

☑ 英語学習が趣味の30代
☑ 元ブラック企業戦士
☑ アジア諸国を出張転戦
☑ TOEIC950, 英検1級所持
☑ 旧帝工学部(学部・修士)
☑ 楽しみながら英語を勉強する方法を紹介します

-英検2級その他