英検準1級エッセイ対策

【利用方法解説】英検1級、英検準1級英作文 アイディーで無料添削

【利用方法解説】英検1級、英検準1級英作文 アイディーで無料添削

当サイトでは英検1級、準1級の英作文の書き方について解説しています。

その中で、自分が書いた英作文を添削するサービスについては軽く説明する程度でした。

>>英検1級 エッセイ・ライティング対策

そこで、今回は代表的な英文添削サービス「アイディー」の無料体験添削について詳しく解説していきます。

まずはアイディーの無料添削を受けたいという方の参考になったら幸いです。

アイディー無料添削サービス概要(結論)

いきなり結論を書きます

結論

英検1級、準1級レベルの語数(120~240語)の英作文全ては無料体験で添削できません。

最大約80語までの英作文を無料体験で添削してもらえます。

ですから、無料サービスだけ使いたいなら、書いた英作文の自信が無いところの一部を添削に出すのがおススメ。

◆少し詳しく解説(結論の補足なので面倒な人は無視してください)

添削のタイプお手軽添削学べる添削
英文の種類持ち込み添削持ち込み添削
ポイント/語1.21.5
無料サービス100ポイントでの語数83語67語

アイディーでは無料体験ポイント100ポイントが付与されます。

こちらの表ように、自身が書いた英作文を添削してもらう場合は「持ち込み添削」となります。

添削タイプは、お手軽添削と、学べる添削があります。

学べる添削は入稿時に質問を入れることが出来ます。

その分、無料添削してもらえる語数が減ってしまいます。

英検1級、準1級レベルであれば、添削してもらう語数が多いことを重視したいはずですのでお手軽添削がいいと思います。

無料ポイントが100ポイントの場合、MAX83語まで無料で添削してもらえます。

詳しくは以下アイディーの公式ページリンクに入ってもらって、一番下の「御使用料金」のページに詳しく解説されているのでご覧ください。

英語添削アイディー

という言ことで、アイディーの無料添削の利用方法を解説します。

1. アイディーのサイトに入る

上のバーナーのアイディーのサイトに入ってください。

無料メンバー登録が右上にあるのでクリック。

あとは流れに従って、個人情報を入力してアカウントを作成してください。

2. 自分のアカウント画面に入る

自分のアカウントが作れたら、アカウント画面に入ってください。

左のタグのホームをクリックすると以下のような画面になるかと思います。

次に利用開始をクリックしてください。

3. 英文の種類を選択

英文の種類を選択します。

自分が書いた英作文を添削してもらいたい場合は「持ち込み英文」をクリックしてください。

4. 担当講師を選択

担当講師は2つあります。

英語専門家(日本人)とネイティブ講師です。

ネイティブから添削してもらえる💛って思う人がいると思います。

英検のような英作文の場合は日本人の専門家をお勧めします。

英語専門家(日本人)は、日本語訳を見て書いた人の意図も把握したうえで添削します。

それに対してネイティブ講師はただ英語があっているか背景などを考えず機械的に添削します。

ネイティブはこちらの意図を知ることが出来ません。

日本人にしておきましょう。

担当講師を選択したら、最後に設定に決定するをクリックしてください。

5. 原稿を作成

原稿を作成してください。

日本人の英語専門家に添削を依頼した場合ですが、

英作文の意図を伝えるため、日本語訳は必須です。

かならず日本語訳も書きましょう。

日本語訳が無ければ、日本人にした意味がないです。。。。

原稿を書き終わったら講師選択をクリック。

6. 講師選択

講師の方は沢山いらっしゃいます。

対応納期や、得意分野などが違うのでプロフィール等を調べて決めましょう。

7. オプション

オプション設定です。

書きたい場合は書いてみて下さい。

英検の英作文の一部ですと書いたら、講師の方の添削の精度が上がるかもしれません。

逆に、特に書かなくてもいいかも。

書き終わったら、支払確認をクリック。

8. 支払い確認

支払い確認画面が表示されます。

無料体験ポイント分で対応できているか確認してください。

はみ出している場合は戻って語数を減らしてください。

問題なければ入稿をクリックしてください。

9. 認証コード入力

最後に認証コードが登録したメールアドレスに届くので、それをコピーして

入力すれば完成。

あとは添削結果を待つだけです。

10. 添削結果

今回紹介したやり方で私も添削をお願いしてみました。

今回は英検準1級の私の自作英作文の一部を少し編集したものを使いました。

太字のthinkは意図して間違いにしています。

【提出した英語】

I think big corporations have a positive effect on society for the following reason.
Big companies boost the economy. Compared to small companies, big company’s productivity is higher because each employee there can focus on their specialties. That is why big companies tend to make huge profits, give high salaries to their employees, and stimulate the economy.
To conclude, I can say with confidence that think big companies are beneficial for our society.

【提出した日本語訳】
私は次の理由から大企業は社会に良い影響を与えていると思います。
大企業は経済を後押しします。大企業は、各従業員が自分の専門分野に集中できるため、中小企業に比べて生産性が高くなります。そのため、大企業は巨額の利益を上げ、従業員に高い給料を与え、経済を刺激する傾向があります。
結論として、大企業は私たちの社会にとって有益だと自信を持って言えると思います。

【添削結果】

とこんな感じで意図して間違えたthinkの部分のご指摘をいただくことが出来ました。

他の部分については、私自身が1級保持者なので、英検準1級の英作文で間違えるってことはあんまりないと思います。

添削された方も、合っているという認識のようでした。

いかがでしたでしょうか?

とりあえず80語くらいの英語の確認はサクッと無料でやってもらえるので超おススメです。

フルーツイングリッシュでもアイディーと同様にオンラインで英作文の添削を受けることが出来ます。

こちらも無料体験を受けてきましたので記事にまとめました。合わせてご覧ください。

>>英検1級 準1級 英作文 フルーツイングリッシュで無料添削

合わせて読みたい

当サイトでは英検1級、英検準1級を中心になるべく負担の少なく最短で合格する手法を紹介しています。

これから英検にトライしたいという方にお勧めです。

>>英検1級対策

>>英検準1級対策

カテゴリー

-英検準1級エッセイ対策
-, ,