【口コミ・評判】英作文添削サービスPoligo(ポリゴ)を使ってみた

ノートと鉛筆
【景品表示法に基づく表記】当サイトは広告による収益を得ています。

本記事の信頼性(筆者紹介)

ゆるゆる英語

\当サイトオリジナル課題有り/

超有料級ページ!ブックマーク推奨!

当サイトは「どこよりも詳しく!」をモットーに英検についての勉強法をシェアさせていただいています。

最近では当サイトの読者の方が英検1級に合格してきております。

ツイッターコメント
ツイッター読者の方
英検1級の合格実績
武田塾のブログより

英作文添削サービスのPoligoの無料体験を受けたので、結果をシェアします。

英作文の添削を受けたい。ネイティブから添削を受けたい方に参考になるかと思います。

目次

結論

まずは結論から。

  1. 無料体験は80語前後(ギリギリ英検2級英作文)
  2. ネイティブから指導を受けることが出来る

無料添削は500字まで。

気を付けてほしいのは「字」です。

単語数で言うと80語~100語になります。

まずは無料体験の使い方と、添削結果を紹介します。

Poligo無料体験の使いかた

使い方は非常に簡単です。

  1. Poligoのサイトにアクセス、新規登録をクリック
  2. 個人情報入力
  3. 英作文を入力して送信

それぞれのステップについて画像付きで解説していきます。

1. Poligoのサイトにアクセス、新規登録をクリック

ポリゴサイト

Poligoのサイトにアクセス。

上のような画面の「新規登録」をクリック。

2. 個人情報入力

ポリゴ情報入力

個人情報を入力してください。

とはいってもそこまで多くの情報を必要とされていません。

  1. ユーザー名
  2. メールアドレス
  3. パスワード
  4. 呼び名

3. 英作文を入力して送信

ポリゴ英作文入力
ポリゴ最終確認ページ

英作文を入力してください。

無料体験の指定は500ポイントになっています。

ここでちょっと変なことがありました。

500ポイントは500字だと思うのですが、500字以下にしてもOKにならない。

結局どんどん語数を減らしていき、最終的に390ポイントでOKになりました。

このあたりは謎です。

仕組みがイマイチ分かりません。

無料体験なので、良しとして先に進めることにしました。

添削内容

添削結果は以下です。

添削前(訂正箇所に取り消し線有り)

think that children today spend too much time using smartphones.

First, it is harmful. Recently there are a lot of children that cannot stop using smartphones. It is just a waste of time and children must focus on studying.

Second, too much use of smartphones and social media causes bullying. Recently bullying on the internet is a serious problem in school and a big burden for teachers to deal with.

To conclude, I believe that children spend too much time using smartphones.

添削後

I agree that children today spend too much time using smartphones and I think it is a problem.

First, using smartphones for too long is harmful. These days, there are many children who cannot stop using their smartphones, which means they lose time and do not focus on studying.


Second, using smartphones for social media makes children vulnerable to bullying. Today, cyberbullying is a serious problem in schools and a places a lot of burden on teachers.


To conclude, I believe that children spend too much time using smartphones.

添削ですが、James先生が担当してくれました。

見て分かるように、本当に自然な英語になっています。

私はこの英作文を書く際は、英検2級の方を意識して簡単な文章を使って書きました。

見て分かるように、100語前後の制約の中でよりレベルの高い単語を使ってニュアンスは維持して書き換えられています。

正直、このレベルまでの添削だと英検2級を受験される方は過負荷で混乱するかもしれません。

英検1級、準1級を受ける人であれば、丁度いい添削レベルです。

無料体験は語数制限があり微妙でしたが、有料添削であればコスパも加味すれば最強クラスです。

Poligoのサービス内容

コース名ポイントライトプラスプロ
支払い方式1ポイント当たり4000文字8000文字12000文字
利用時払い
文字数単価2円/文字1.36円/文字1.23円/文字1.12円/文字
5920円10880円13440円
英検1級 英作文数3個7個10個
英検準1級 英作文数5個11個16個
英検2級 英作文数8個16個24個
Ppoligoの料金体系

Poligoのサービス内容は非常にシンプルです。

文字数当たりの単価がコースごとに異なる方式。

スペースは文字数に含まれません。

日本の他のサービスも参考にしてほしいくらい分かりやすい。

英検の英作文数は私が概算で計算しました。

【条件】

・平均単語文字数: 5文字

・英作文の語数は各級のMaxを使用

【例】

プロコースで英検1級を添削した場合

12000文字÷5文字÷250語=10個

英検1級の場合は英作文1つあたり約1340円程度です。

他のサービスと比べても安いほうです。

しかも添削の質は1回だけでしたが、滅茶苦茶良かったです。

以下に示すように文章タイプは「何でもOK」です。

他のサービスだと文章タイプによって文字数単価が異なることが多いですが、統一されているので分かりやすいんですね。

文章タイプなんでもOK
スペルチェック
文法チェック
文章提案
語彙開発
より自然な文章
英語のフィードバック
画像添付
講師からの評価
講師へのメッセージ送信
フォローアップの質問無料
文章の長さ無制限
ポイント有効期限なし
Poligoサービス内容

まとめ

いかがでしたでしょうか?

無料添削は英検2級の英作文でも文字調整が必要になります。

なので、さらに語数が少ない英検準2級の英作文なら丁度いいと思いました。

無料体験でネイティブからの添削を受けることが出来る便利なサービスですので、是非受けてみて下さい。

またPoligo以外にも様々なオンラインの添削サービスがあります。

それぞれ特徴があるので、無料体験で色々使ってみて自分に合うもので契約すると良いでしょう。

スクロールできます
サービス名 ベストティーチャー mytutor 英語添削アイディー フルーツフルイングリッシュ英語便Mr. ライティング
コース名英検®対策コース添削くん持ち込み英文添削
(学べる添削)
英作文チケット自由英文添削英検1級, 準1級コース
料金16500円/月800円/英作文3500円/英作文約3000円/英作文ホームページ参照1320円/英作文
無料体験有り(課題指定, 250語まで)
体験記
有り(課題指定, 240語まで対応)
体験記
有り(自由英作, 80語まで)
体験記
有り(自由英作, 130語まで)
体験記
有り(自由英作, 約100語まで)
体験記
有り(自由英作, 250語まで)
体験記
添削サービスまとめ

\無料体験あり/

英検合格のカギは英作文

合わせて読みたい

当サイトでは英検1級、準1級などの英語試験の勉強法をシェアさせていただいております。

ライティングには特に力を入れており、私が書いたライティングを全て公開しております。

皆様の英語学習の参考になりましたら、幸いです。

英検ライティング添削Navi

英検ライティング添削Naviは英検の各級に対応している添削サービスを紹介するツール。
質問に答えていくだけで、適切な添削サービスが分かります。

英検面接オンラインスクールNavi

英検の面接に対応しているオンライン英会話スクールを紹介するツール。
質問に答えていくだけで、適切なオンラインスクールが分かります。

【英作文集】課題別

英検準1級対策

英検準1級対策関連記事はこちらをご覧ください。

英検1級対策

英検1級対策関連記事はこちらをご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次