【評判・口コミ】ベストティーチャーの効果を英検1級が徹底解説

best-teaher画面1
【景品表示法に基づく表記】当サイトは広告による収益を得ています。

オンライ英会話のベストティーチャーについて教えてもらいたいです。どんな人だとおすすめですか?

こんなお悩みを解決します。

本記事の信頼性(執筆者紹介)

ゆるゆる英語

\当サイトオリジナル課題有り/

超有料級ページ!ブックマーク推奨!

当サイトは「どこよりも詳しく!」をモットーに英検やTOEICなどの英語学習の記事を書いております。

最近では読者の方が英検1級に続々と合格しております。

ツイッターコメント
ツイッター読者の方
英検1級の合格実績
武田塾のブログより

今回はオンライン英会話ベストティーチャー についての記事。

ベストティーチャー は4技能試験に対応している非常に優れたオンライン英会話です。

実際に無料体験を受けた内容含め詳しく解説していきます。

目次

ベストティーチャー体験してみての結論

まずベストティーチャー がおすすめな人は以下。

  • 英語4技能試験(TOEIC SW、英検、IELTS、TOEFL等)の対策をしたい人
  • 短期間に集中して大量に勉強したい人
  • オンライン英会話が恥ずかしい人
  • スマホでスキマ時間に英語学習を進めたい人

ベストティーチャー は4技能試験にドンピシャのサービスです。

英検は3〜1級のライティングと面接に対応。

IELTSやTOEFLのコースもあります。

価格は他のオンライン英会話より高いですが、受講回数が無制限です。

毎日課題を複数こなして短期間に大量に勉強したい人に最適で効果絶大。

英検1級対策コースを受けましたが、非常にいい練習になるので試験本番に自信を持てるようになります。

ベストティーチャー は書いて⇒話すの順番で進行します。

話すのが恥ずかしいって感じる人は書く練習から進めるられるので、非常におすすめ。

ベストティーチャー は講師とのチャットのやり取りがあり、スマホで提出可能です。

スキマ時間を使って講師とスマホで英語チャットを進めることが出来ます。

ベストティーチャー の料金は月額12,000円〜16,500円とやや割高。

回数無制限などメリットがあるのですが、高いって感じる人は別のオンライン英会話のほうが良いです。

best Teacher内容
ベストティーチャーより

ベストティーチャー は4ステップで勉強を進めていきます。

  1. 課題についてライティングを提出、その後外国人講師が英語で質問するのでやり取り(5回)
  2. 外国人講師が全ての英語を添削
  3. 添削した内容を使って復習
  4. 添削した内容を使ってオンライン英会話

一番最初はライティング(英作文)なので、英作文はやりたくない人にはオススメできません。

オンライン英会話ベストティーチャーの概要

運営会社の概要は以下。

運営会社株式会社ベストティーチャー
URLhttps://www.best-teacher-inc.com/
本社所在地〒151-0053 渋谷区代々木1-27-5 代々木市川ビル 2F
設立2012年5月11日
ベストティーチャー概要

ベストティーチャー のコースは以下7つ。

コース価格
通常コース月額12,000円(税込み)
TOEFL iBT対策コース月額16,500円(税込み)
TOEIC SW対策コース月額16,500円(税込み)
IELTS対策コース月額16,500円(税込み)
英検®対策コース月額16,500円(税込み)
TEAP対策コース月額16,500円(税込み)
GTEC CBT対策コース月額16,500円(税込み)
ベストティーチャーのコースと料金

それぞれ解説していきます。

通常コース

ベストティーチャー通常コース2
通常コースの課題の例(ベストティーチャーより抜粋)

通常コースは日常のいろんな場所を想定した英会話の練習。

定番の自己紹介以外にも課題があり、なんと1000を超えています。

自己紹介や、仕事の会話などを選んで、チャットのライティング⇒添削⇒トレーニング⇒オンライン英会話を行います。

チャットは自分のペースでスマホで返信出来ます。

最後に完璧に添削されるので、自分オリジナルの英語原稿ができ、それを復習することで正しい英語を身につける事ができます。

ベストティーチャー通常コースチャット
通常コースのチャットの例(ベストティーチャーより抜粋)

TOEFL iBT対策コース

ベストティーチャーTOEFL
TOEFL新形式に対応済(ベストティーチャーより抜粋)
  • ベストティーチャー完全オリジナル問題
  • TOEFL iBT®を熟知した講師がコンテンツ作成
  • ネイティブによる音声も含め、試験形式に沿った対策
  • 新形式(Academic Discussion task)対応

TOEFL iBT対策コースではTOEFLの英作文に対応。

指定の課題の英作文を提出、添削してフィードバックを先生からいただきます。

TOEIC SW対策コース

Jリサーチ出版のTOEIC SW対策書シリーズを使ったライティング対策を行います。

教材の購入の必要はありません。

さらに通常コースの課題を使用した英会話も出来ます。

IELTS対策コース

ベストティーチャーIELTS講師
IELTS担当講師陣(ベストティーチャーより抜粋)

IELTSを共同運営するIDP監修の元に作成したオリジナル問題を使ったレッスンを受けることが出来ます。

英検対策コース

英検1級~3級まで対応しています。

全て英作文⇒チャット⇒添削⇒オンライン英会話の形式をとります。

チャットの部分が面接の質疑応答練習になります。

実際に私も英検1級対策コースを無料体験してみました。

TEAP対策コース

TEAP試験対策のためのオリジナル問題(ライティング、スピーキング)を使ってレッスンを行います。

GTEC CBT対策コース

株式会社ベネッセコーポレーションのGTEC CBT 公式問題集 第2版を使ったレッスンを行います。

ベストティーチャー無料体験内容(英検1級コース)

ここからは無料体験の内容について解説します。

私は英検1級対策コースの無料体験にしました。

ベストティーチャー英検コースの概要は以下。

  • 月16500円と割高だが回数無制限にサービスを受けられる(課題は19個)
  • 英作文(面接スクリプト)⇒チャットでQ&A⇒添削⇒復習トレーニング⇒英会話
  • 面接と質疑応答のスクリプトを専門家と一緒に作りたい人に最適
  • 質疑応答はチャット
  • オンライン英会話は、音読練習がメイン

ベストティーチャーは以下の4ステップで勉強していくのが特徴。

best Teacher内容
ベストティーチャーより

英検1級コースですと、Writingの部分に英作文と先生との質疑応答のチャットが入ります。

以下の5ステップ。

ちなみに英検1級〜3級まで同じ方式です。

  1. 指定課題の英作文を書いて提出
  2. 英作文の内容について外国人講師とチャットでQ&A(面接の質疑応答を模擬)
  3. 講師が英作文とQ&Aを添削
  4. 添削内容を復習トレーニング
  5. オンライン英会話

英会話は添削された英作文と質疑応答のスクリプトの音読が中心になります。

なので、本番さながらの模擬面接をするわけではありません。

これは模擬面接訓練を受けたい人にはデメリット。

(模擬面接を無料体験で受けたい人はイングリッシュベルがおすすめです。)

模擬面接に代わる部分が英作文提出後に行われるチャットでの質疑応答です。

本番の臨場感・緊張感は欠けますが、自分のペースでチャットで回答できるので、心的負担が減るのは良いと考えることもできます。

詳しいベストティーチャー の学習内容は以下の公式の動画でも解説していますので確認してみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次