英検2級その他

【受かるにはコレ!】英検2級の裏ワザ・チート解説【英作文・面接】

万年筆とノート

悩んでいる人

英検2級に向けて勉強しています。合格に向けて何か裏ワザ的なものってありますか?

こんなお悩みを解決します。

【執筆者紹介】この記事の信頼性

ゆるゆる英語プロフィール

\純ジャパ サラリーマンの独学英検1級勉強法/

英検1級対策まとめ

当サイトは「どこよりも詳しく」をモットーに英検の勉強方法についての記事を書いております。

最近では読者の方が独学で英検1級に合格しております。

ツイッターコメント
ツイッター読者の方
英検1級の合格実績
武田塾のブログより

今回は英検2級の裏ワザについてです。

いつも通り結論から書いていきます。

【結論】

英検2級合格に向けておススメの裏ワザ・チートは以下。

1. 勉強の優先順位・英検2級は英作文ゲーム、英作文に力を入れる
2. ライティングの裏ワザ・チート・自分の実力をmytutorで把握
3. 英単語の裏ワザ・チート①英単語は6000語が目標
②究極の英単語2を仕上げる
4. リスニングの裏ワザ・チート①先に選択肢を読む
②メモしない
③リスニング速度を上げて勉強する
5. リーディングの裏ワザ・チート①過去問と文単を毎日読む
②I V1 that S V2は個人の主張(思う)
③固有名詞が多い記事は記号化
6. 面接の裏ワザ・チート①独り言で基礎練習
②オンライン英会話で英会話に慣れる
英検2級裏ワザ・チート

1. 英検2級の勉強の優先順位⇒英作文が大事!

英検2級合格で一番重要なのがどの項目に力を入れるか、明確にすること。

まずは合格率の低い1次試験の合格。

1次試験は、リーディング(単語+長文読解)、ライティング、リスニングがあります。

ここで頑張るべきはライティング。

実はライティングは採点がかなり甘く高得点が出やすいです。

英検2級の場合は全体で65%とれば合格と言われています。

その中で、1項目で満点が取れてしまうと、ほとんどの人が合格します。

「満点なんてとれるの?」って思う人多いかもしれません。

が、ライティングは求められる知識が少なく点数を上げやすいです。

案外あっさり満点取れました。という人が結構います。

それに対し、単語問題は6000語くらいの単語を覚える必要があります。

多くの受験生にとって、単語問題はかなりの努力が必要です。

ライティングは単語問題程の努力が必要ありません。

ということでくりかえしますが、ライティングの勉強を優先しましょう。

2. 英検2級 ライティングの裏ワザ・チート

ノートと鉛筆

英検2級ライティングの裏ワザ・チートはmytutor 「添削くん」の無料体験で実力確認をすることです。

mytutorの添削くんのサービス概要は以下です。

  • スマホから提出可能(PC、タブレットも可)
  • 添削+CSEスコアで採点
  • 48時間以内に添削
  • アカウント作成も簡単・安心(有料に切り替わることはありません)
  • 無料体験あり(2つ添削)

mytutorは英検2級に対応してます。

指定の課題(以下例)で英作文を書いて、それを2つ添削してくれます。

・Some people say that Japanese high schools should take their students on trips abroad. What do you think about that?

・Today many people use electronic dictionaries. Do you think people will stop buying paper dictionaries in the future?

・Some people say that joining a group tour is more enjoyable than traveling by themselves. What do you think about that?

mytutor 添削くんより
縦方向矢印
マイチューター英検2級添削結果
英検2級英作文添削結果

しかも添削するだけでなく、以下のようにCSEスコアで採点してくれます。

感覚的には本番よりもちょっと厳しめ。

mytutor英検2級の採点結果
mytutor英検2級の採点結果

mytutor 「添削くん」の目安は以下。

  • 580点以上 ⇒ 素晴らしい!!本番で満点いけます!
  • 520点以上 ⇒ 9割近くらい狙えます
  • 450点以上 ⇒ 8割くらい狙えます

英検2級は英作文が合格の鍵です。

英作文で高得点を取ると、他が酷くても合格します。

英作文ゲーです。

ですが、自分の普段の英作文で「何点」なのか理解していなければ意味がないです。

練習で書いている英作文の出来が5割なら、奇跡なんておきません。

本番も5割の出来です。

英作文は高得点になりやすいのに、これでは不合格。

なので、なるべく早くmytutorの無料添削で実力確認をしましょう。

実力確認は、非常に嫌なものです。

みんな現実を直視したくはないですよね。

でも英作文の実力確認こそが英検2級合格の近道。

実力を把握して、改善点を知ることで効果的な英作文の練習が可能になります。

逆に、改善点を知らず漫然と練習していると、本番で悔しい思いをするだけ。

時間の無駄なんです。

現実を知るだけで、合格になるのだから、すぐトライすべき。

しかも無料です。

無料体験で必要な登録情報は写真に記載されているとおりで以下。

  1. メールアドレス(Yahooメール, Gメール, icloudメールでもOK)
  2. パスワード(テキトーに設定)
  3. 名前
  4. ニックネーム(テキトーに設定)
  5. Zoom, skypeのメールアドレス(取りあえずZoomにして1のメールアドレス入力)
mytutor個人情報入力
mytutor個人情報入力

いきなり有料契約に切り替わることも有りません。

なので学生さんでも大丈夫です。安心して無料添削を使えます。

作業は英作文含めて30分

マイチューター添削フロー

mytutor 添削くんの無料体験の英作文提出方法は、非常に簡単。

スマホでぱぱっとできますし、特に悩むところは無いです。

スマホで英語の手入力はしなくていいです。Googleレンズを使ってください。

手書きの英作文の写真をスマホ撮って、Googleレンズで2分程度の作業をするだけ。

英作文(25分)含めて提出するのに必要な作業はたったの30分。

念のため、不安な方向けに無料体験の使い方を詳しく解説しました。

パソコン、スマホ用それぞれ書いています。

スマホのほうにはGoogleレンズの解説もあり。

個人的にはスマホのほうが圧倒的に作業が早いです(Googleレンズが使えるから)。

参考にしてみて下さい。

\mytutorの使い方詳細/

パソコンボタン
スマホボタン

\クレジットカード登録無し/

有料契約に切り替わることはありません

ゆるゆる英語

mytutorは英作文だけでなく、面接対策もできます。先生の質も高いです。
無料体験でいいなと思ったら実際に契約するのもありです。

とここまでmytutorの紹介をしました。

英作文をまだ書いたことが無い方が、いきなり添削は大変かも。

そんな場合は、以下の手順を踏んでいきましょう。

(英作文を書くことできる人、時間が無い人はmytutorにいきなりトライしてOK。)

  1. 日本語で理由だしの練習
  2. 英作文を真似る練習
  3. mytutorで実力測定
  4. 英作文の課題を使って自分の英作文を書いてみる

①日本語で理由だしの練習

英検2級では、自分の主張を理由2つを使って説明する必要があります。

この主張と理由だしは非常に大事。

自分の主張と理由が矛盾している場合は0点になってしまいます。

多くの人にとって英検2級のような英作文は初めてだと思います。

ですから、慣れるために、この理由だしだけの練習を日本語でやってみましょう。

使う参考書は以下。

英作文の課題について自分で日本語で簡単に理由を書いてみてください。

例をあげるとこんなかんじ。

Q. 1人で旅行したほうが、グループツアーより楽しいという人がいるが、どう思うか?

A. グループツアーのほうがいい。

理由1. ツアーガイドがいるので、安全⇒安心して旅行を楽しむことが出来る。

理由2. 旅行者が沢山いる⇒旅行の情報をシェアできるので、より楽しめる。

そして、自分の理由と参考書の理由を見比べて、取り込めそうなものは自分の理由に取り入れる。

これを繰り返して、自分の主張と理由を日本語で論理的に作る練習を繰り返しましょう。

どんな課題を見てもすぐに理由が日本語で出るようになったら次のステップに進みましょう。

日本語なので時間はそんなかかりません。

毎日30分練習して、3日~1週間くらいで慣れてくると思います。

②英作文を真似る練習

次は英作文を真似る練習です。

英検2級を受験する方の多くはまだ、英作文に慣れていないので、まずは見本の英作文を真似ることを繰り返しましょう。

先ほど紹介した、最短合格! 英検2級 英作文 面接完全制覇の例文を写生する練習をしましょう。

また通学の時などの空いた時間にリスニングしてください。

音読も効果的です。

そうやって英作文を自分で書けるようにしてみて下さい。

③mytutorで実力測定

上記2つのステップができたら、英作文を書くことが出来るようになります。

そしたら、mytutor 「添削くん」の無料体験サービスを使って英作文の実力測定をしてみましょう。

④英作文の課題を使って自分の英作文を書いてみる

mytutorで実力確認を行って添削をしてもらったら、添削内容を確認しましょう。

項目mytutorの得点説明
Content / 内容145/162.5課題で求められている内容(意見とそれに沿った理由)が含まれているかどうか
Coherence & Cohesion / 構成150/162.5英文の構成や流れがわかりやすく論理的であるか
Vocabulary / 語彙130/162.5課題に相応しい語彙を正しく使えているか
Grammar / 文法150/162.5文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか
mytutorの結果分析

私の添削・採点結果の場合、語彙の部分で大きく減点されています(130/162.5)。

講師からの指摘事項でも、繰り返し同じ単語を使うことを避けるようアドバイスをもらいました。

ですので、(私の場合は)英単語を意識して練習する必要があります。

このように、CSEスコアを元に使う英単語や文構造の使い方を工夫してみましょう。

また、色々な課題の英作文を書いてみると良いです。

最短合格! 英検2級 英作文 面接完全制覇の課題を使って自分の英作文を書いてみましょう。

物足りない人は以下にある当サイトオリジナル問題を活用してもいいでしょう。

英検2級の英作文を書く際に、良くいただく質問については以下にまとめたので、こちらも参考にしてみて下さい。

>>【27語増】英検2級 ライティング 字数稼ぎの表現【字数不足回避】

>>英検2級 ライティング思いつかない時のコツまとめ

>>英検2級 ライティングに使える表現と決まり文句まとめ

最後に、mytutorで2回目の添削を受けてみて、自分が意識して練習してきたことが改善できているか確認しましょう。

3. 英検2級 英単語の裏ワザ・チート

英字辞書

英作文の次に力を入れないといけないのが英単語です。

英検2級の英単語はリーディング、リスニングの基礎になるものですので、頑張りましょう。

裏ワザ・チートは以下です。

①英単語は6000語が目標
②究極の英単語2を仕上げる
③分からない問題は消去法を使って、さっさと解答する

それぞれについて解説していきます。

①英単語は6000語を目標に覚える

英単語は6000語を目安に覚えましょう。

6000語覚えていれば、英単語問題も満点になるはずです。

ギリギリ英検2級合格でしたら、もう少し少なくてもいいかもしれません。

ただし、英検2級の範囲の英単語は基礎中の基礎の単語。

今後、英検準1級や英検1級を受験するときには必ず必要になります。

ここは手を抜かないで頑張ってほしいです。

②究極の英単語2を仕上げる

6000語覚えていれば英検2級の単語問題で満点取れると先ほど言いました。

これはちゃんと証拠(エビデンス)がある話です。

英検2級の単語問題はアルク社が指定しているsvl12000の単語のうちレベル6までの6000語で97%をカバーできています。

詳しい話は以下のページを確認してみて下さい。

>>英検2級 英単語問題は難しい?難易度レベルを調査・解説

もっと端的に言うと、究極の英単語1, 2の単語を完璧に覚えていれば、単語問題の選択肢の単語の97%をカバーできます。

分からない単語が出てくる率は3%。

4択の選択問題ですから、97%分かっていれば、消去法も使えますから不正解になることは無いでしょう。

と言うことで以下の究極の英単語2を購入して勉強しておきましょう。

ちなみに究極の英単語1に関しては多くの人にとって簡単すぎると思います(中学レベルの単語)。

買うかどうかは実際に書店で手に取ってみてもらった方がいいです。

③分からない問題は消去法を使って、さっさと解答する

分からない場合は、消去法を使って選択肢を絞って、時間をかけずに解答してください。

英検2級の1次試験は素点の合計で65%であれば合格です。

ですから、英単語が上手くいかなければ他で頑張ればいいのです。

でも英単語で無駄に悩んでしまって、リーディングや英作文に時間を残せなかったら意味がありません。

4. 英検2級 リスニングの裏ワザ・チート

黒いヘッドホン

英検2級のリスニングの裏ワザ・チートは以下。

  • 先に選択肢を読む
  • メモしない
  • リスニング速度を上げて勉強する

①先に選択肢を読む

まず一番大事なことはリスニングの前に選択肢(質問含む)を読んでおくことです。

読むタイミングは3回あります。

  1. 英作文作成後
  2. リスニング各パートの問題を説明している時
  3. 問題を解答し終わった後

①英作文作成後

英作文作成後にリスニング問題全ての問題文と選択肢を読みましょう。

これが1回目の問題文・選択肢読みになります。

これをやるには、リーディングとライティングを10分前までに完了させる必要があるので時間管理をしっかりやりましょう。

流石に、全ての問題と選択肢に目を通すと、それを覚えきることは出来ません。が、取りあえず目を通すのが大事です。

②リスニング各パートの問題を説明している時

リスニングは各パートの最初に、問題の説明があります。

この時にボーっと聞いてるのでは無くて、問題と選択肢を再度読みましょう。

これで2回読んだことになります。

③問題を解答し終わった後

最後は問題を解答し終わった後に、次の問題の問題文と選択肢を読みましょう。

これで3回読んだことになります。

3回読めば頭に問題が入ったまま、リスニングに集中できると思います。

このリズムを崩さないように普段から過去問を使って繰り返し練習しましょう。

②メモしない

英検では試験中に試験用紙にメモが可能です。

ですが、英検2級の場合メモは必要ないです。

聞く内容は1設問につき1つです。そこまで複雑な情報が放送されません。

設問自体も、何が放送されていたか聞く素直な問題です。

メモが無くても聞き取れれば、回答できます。

むしろ放送中にメモをすると集中力が切れて、聞き取れないということが起こりやすくなります。

英検2級のリスニングで伸び悩んでいる人は、メモしないで放送に集中することを意識しましょう。

【補足】

英検2級まではメモしなくていいですが、英検準1級と英検1級のリアルライフ問題だけはメモが必要です。
特に英検1級のリアルライフ問題は放送される情報が多く、内容もかなり複雑なためメモが必須になります。
いずれにしても、英検2級の場合は内容が複雑ではないですし、メモをするメリットが薄いです。
メモはしないで、リスニングだけに集中したほうがいいです。

③リスニング速度を上げて勉強する

これは英検2級のリスニングで効果的な裏ワザです。

過去問などでリスニングの勉強していてリスニングに慣れてきたら速度を上げましょう。

速度を上げて聞いても内容が頭に入るようになると、リスニングはかなり楽になります。

試験本番も余裕になるはず。

スマホやウォークマンであれば簡単に倍速にできますから超おススメです。

5. 英検2級 リーディングの裏ワザ・チート

本棚の本

英検のリーディングはかなり簡単です。

リーディングで使われる単語は、単語問題よりはるかに簡単なものです。

リーディングの裏ワザチートは以下。

①過去問と文単を毎日読む
②I V1 that S V2は個人の主張(思う)
③固有名詞が多い記事は記号化

① 過去問と文単を毎日読む

毎日、過去問か文単のどちらかでいいので、意味が理解できる範囲で可能な限り早く読んでください。

早く読みすぎて意味が取れない場合は、スピードを落としてください。

過去問の場合は時間を測って問題も解きましょう。

同じ問題を何度も解くと文の内容や問題の答えが分かってしまいます。

そんなことは関係ありません。

何度も何度も同じ問題を繰り返し解いてください。

あくまでも試験本番に向けて最速で解くのを身体で覚えることが目的です。

この2冊の参考書を何度も何度も繰り返すことで本番でも英作文に十分に時間を残して、読み切れるようになります。

>>英検2級 長文読解リーディング対策を完全解説

② I V1 that S V2は個人の主張(思う)

これは英検2級だとメール問題しか出ません。

ただし、大学入試でも使えるテクニックなので覚えておいてください。

I V1 that S V2の構文で、V1の意味が分からないときは、とりあえず「思う」と訳すです。

この形は色々ありますよね。

I think that S V 思う

I reckon that S V 考える

I guess that S V 推測する

I saw that S V 見た

I insist that S V 主張する

これらの文章はSがVした(する)と「思う」「主張する」「見た」とかなんですけど、要はI(私)の意見なんですよね。

だからV1の単語の意味が分からない場合はそこで止まらないで、「思う」って訳してください※。

※唯一例外があるとI doubt that S Vです。

これはS Vでは無いと思うって意味になります。

③ 固有名詞が多い記事は記号化

英検2級ではあんまりこのような記事は出てきませんが、固有名詞が多いなぁと思ったら記号化してください。

英検1級長文コツ

上の写真は私が英検1級を受けたときの問題冊子。

著作権のためモザイクかけていますが、固有名詞に△とか□とかくくっていますよね。

これのことです。

アカデミックな記事の場合、固有名詞の理解が正しいか聞いてくる問題が多いです。

固有名詞が多い場合は、問題文と選択肢の固有名詞を素早く記号化してしまうと情報処理が早くなります。

あくまで回答時間短縮が目的なので、記号化に時間がかかるならやらないほうがいいです。

(記号化することが目的ではないです。)

英検2級では使うことはあんまりないですが、使ってみて回答時間短縮に使えそうなら是非。

6. 英検2級 面接の裏ワザ・チート

マイク

英検2級面接の裏ワザ・チートは以下。

  1. 英検2級の面接の流れをしっかり把握する
  2. 独り言で基礎練習
  3. オンライン英会話で英会話に慣れる
  4. 英会話カフェ・スクールで対面の英会話に慣れる

①英検2級の面接の流れをしっかり把握する

一番大事なのは英検2級の面接で何をするのかしっかり把握すること。

英検2級の面接の合格率は80%って聞いてノー勉で受ける人が多すぎ。

さすがにそれでは落ちます。

英検協会で動画を作っていてくれているので必ず確認してください。

面接の流れ等のより細かい話は以下にまとめました。

>>英検2級 面接サンプル問題と流れ、回答のコツを徹底解説

②独り言で基礎練習

面接対策のベースは独り言でOK。

面接2級の面接の流れを理解した上で上にある旺文社の面接対策本の課題を使って練習しましょう。

上手くできない場合は模範解答を何度も何度も音読して、自分でできるように繰り返し練習しましょう。

質問に関してですが、こちらも対策本の質問を自分で回答する練習をしていくのがいいです。

③オンライン英会話で英会話に慣れる

英検2級の面接の基本は見本の英語を真似て何度も練習することです。

これが一番大事です。

あと、試験本番に向けて英会話に慣れておきましょう。

いまだとインターネット環境があれば、オンライン英会話を使って簡単に英会話を体験できます。

英検2級の面接の模擬試験が出来るオンライン英会話も結構あります。

とっかかりとしておススメなのがベストティーチャーです。

ベストティーチャーは一般コースと英検2級コースのどちらかを無料体験出来ます。

一般コースは以下のようにチャットで自己紹介などのやり取りができます。

ベストティーチャーチャット画像
ベストティーチャーチャット画像

しかもチャットの内容を添削してもらえます。

自分のペースで回答できるので、分からない時は調べながらできます。

英検2級コースの場合は、英作文を書いてその英作文について質疑応答をチャットで実施、添削を受けた後でオンライン英会話になります。

それ以外にも以下のように英検2級の面接の模擬試験を受けることができるオンライン英会話があります。

スマホからでもできます。

無料体験を使って、自分に合うものが何か試してみましょう。

>>英検2級 面接に対応しているオンライン英会話まとめ

④英会話カフェ・スクールで対面の英会話に慣れる

試験本番は面接官と対面で英会話をすることになります。

オンライン英会話で英語慣れしていてもいきなり対面で英会話はかなり緊張します。

対面での英会話に慣れる準備もやっておきましょう。

1回顔出すだけで大分違ってきます。

一番簡単なのは英会話カフェに行くことです。

英会話カフェは1回500-1000円くらいの値段で参加できるところが多いです。

または無料体験が使えるところもあります。

気軽に行けるので、まずは英語に慣れておきたいと思っている人におすすめです

上記のような英会話カフェは首都圏が中心。

英会話スクールであれば、地方の都市でも駅前などにあります。

このような英会話スクールでは無料体験レッスンをやってます。

英会話カフェと違い少し入りにくいです。あと無料体験前に当然ながら学校の説明+入会の紹介があります。

この中でも特におススメなのがECC外語学院とシェーン英会話です。

無料体験で英検対策コースを受講可能です。

1回体験するだけで本番の試験に向けて自信がつくので、体験してみましょう。

  1. ECC外語学院  無料体験で40分のレッスン受講可能
  2. 【シェーン英会話】 イギリス英語を無料体験で学べる
  3. 駅前留学のNOVA  駅前留学!

合わせて読みたい

当サイトでは英検1級、準1級などの英語試験の勉強法をシェアさせていただいております。

ライティングには特に力を入れており、私が書いたライティングを全て公開しております。

皆様の英語学習の参考になりましたら、幸いです。

英検2級対策

>>英検2級対策

英検準1級対策

英検準1級対策関連記事はこちらをご覧ください。

合わせて読みたい
スマホとイヤホン
英検準1級 リスニング問題の傾向・対策とおススメの参考書まとめ

続きを見る

合わせて読みたい
ノートの文字
【英検準1級英作文ライティング対策】テンプレート定型文・書き方

続きを見る

合わせて読みたい
3本のボールペン
【読めない】英検準1級 長文リーディングのコツ 参考書 対策まとめ

続きを見る

英検1級対策

英検1級対策関連記事はこちらをご覧ください。

合わせて読みたい
単語量
英検1級 語彙問題対策 合格に必要な語彙数は? 覚え方まとめ

続きを見る

合わせて読みたい
辞書
英検1級長文リーディングは満点可能!対策・テクニック解説

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級ライティングの目標
万能テンプレート 英検1級エッセイ・ライティング 書き方

続きを見る

合わせて読みたい
白いヘッドホン
【完全版】英検1級リスニング 対策・練習法まとめ

続きを見る

合わせて読みたい
マイク
英検1級二次試験 面接スピーキングのコツ・練習法・対策まとめ

続きを見る

  • この記事を書いた人

ゆるゆる英語

☑ 英語学習が趣味の30代
☑ 元ブラック企業戦士
☑ アジア諸国を出張転戦
☑ TOEIC950, 英検1級所持
☑ 旧帝工学部(学部・修士)
☑ 楽しみながら英語を勉強する方法を紹介します

-英検2級その他