TOEIC900点と英検1級どっちがすごい?

未分類
スポンサーリンク

はじめに

英語の資格試験としてパッと思いつくのって、高校生までなら英検。大学生だとTOEICとかTOEFLがあるかと思います。

個人的的にはやっぱり英検とTOEICでしょ〜。TOEFLは僕は受けたことがないですので。

TOEFLについて補足するとアメリカとかの海外の大学に留学するときに使われることが多いテストです。

話戻ってTOEICと英検ですが、いわゆる上級者の基準っていうのが「TOEIC900点」「英検1級」だと勝手に思ってます。

さてどっちが難しいでしょうか?一応両方共に取っている私が説明したいと思います。

TOEIC900点とは

TOEIC900点というのは860点以上ですので、Aランクと定義されています。

以下がAランクの定義です。

Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる

自己の経験の範囲内では、専門外の分野の話題に対しても十分な理解とふさわしい表現ができる。Native Speakerの域には一歩隔たりがあるとはいえ、語彙・文法・構文のいずれをも正確に把握し、流暢に駆使する能力を持っている。

https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/pdf/proficiency.pdf

なんかAランクってやばいっすね。まじで英語がペラペラみたいな定義じゃないっすか!

英検1級

大学上級程度

カギは英語の知識のみでなく、相手に伝える発信力と対話力。

世界で活躍出来る人材の英語力を証明します。

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/about/

これも凄いですね。英検1級って世界で活躍出来ることを、協会から証明されているってわけです!

なんだかこうやって見ると、「TOEIC900点」「英検1級」甲乙つけがたしって感じですね。

で結局どっちが難しい?

結論ですが、圧倒的に英検1級です。

私はTOEIC905点を2015年に取得しました。

905点取得後に英検1級の過去問を買ってみて解いてみましたが、単語問題は全くわからなかったですし、長文だって読めるという状況ではありませんでした。

まぁ全く解けないんで、1割くらいの正答率と考えてもらっていいです。

その後、コツコツ勉強をして2016年第2回の試験で合格しています。

何がここまで英検1級を難しくしているかというと、ズバリ単語です。

TOEIC900点をとるのは、そんなに単語を覚える必要は無いです。リスニングで満点近く取れることが前提ですけど大学入試くらい、4000語でいけると思います。

英検1級はそうはいきません。4000語じゃあ何書かれているかわかりもしないでしょう。事実私がそんな感じでした。

1次試験のPart1は英単語の問題が25問あり、大体合格者は20問前後を正解します。

これくらい点数を取るのには少なくとも10,000語はいるのです。この10,000語というのが非常に大きなハードルです。

なぜかって最初の4000語とは別物の単語なんです。我々はpenとかappleみたいに簡単な単語から順番に覚えていって4000語を身につけます。

その後に出てくる単語は、普段の生活でも耳にしないし、高校や大学入試でもであったことが無いような単語になるわけです。

これを残り6000語覚えるっていうのは結構大変なんですよね。

私も単語を増強するべく、単語帳を何冊か購入し、通勤中の電車の中で繰り返しリスニングしました。そうやって1年経ってみると、長文もスラスラ読めるし、英単語問題もそれなりに正解を選べるようになったのです。

このブログではそんな私の勉強法をまとめました。基本的には効率重視の勉強法をシェアさせていただくつもりです。

また、英語を楽しく継続して勉強出来るようなサイトもシェアしていきたいと思っています。

それではHave a fun with English!

タイトルとURLをコピーしました