英検1級その他

すごさと難易度比較! TOEIC900点,英検1級,英検準1級

すごさと難易度比較! TOEIC900点,英検1級,英検準1級

日本国内で英語力の証明できる試験と言えばTOEICと英検があります。

他にもTOEFLとかもありますが、あくまで日本国内でって話にしておきます。

履歴書とかに書くときに箔がつくなぁって感じるのは人によりますが、

TOEIC900とか英検1級とか英検準1級になるのかなぁって思います。

今回はそれぞれの凄さを説明しつつ難易度についても私の経験も交えて説明したいと思います。

TOEIC900点のすごさとは

まずTOEIC900点のすごさについて説明しますね。

TOEIC900点というのは860点以上ですので、Aランクと定義されています。

以下がAランクの定義です。

Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる

自己の経験の範囲内では、専門外の分野の話題に対しても十分な理解とふさわしい表現ができる。Native Speakerの域には一歩隔たりがあるとはいえ、語彙・文法・構文のいずれをも正確に把握し、流暢に駆使する能力を持っている。

https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/pdf/proficiency.pdf

なんかAランクってやばいっすね。

まじで英語がペラペラみたいな感じ。

英検1級のすごさとは

大学上級程度

カギは英語の知識のみでなく、相手に伝える発信力と対話力。

世界で活躍出来る人材の英語力を証明します。

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/about/

これも凄いですね。英検1級って世界で活躍出来ることを、協会から証明されているってわけです!

なんだかこうやって見ると、「TOEIC900点」「英検1級」甲乙つけがたしって感じですね。

CEFRでTOEIC900と英検1級のすごさを比較

CEFRというヨーロッパで使われている言語レベルの規格があります。

それに、各試験レベルを準拠させた表が以下です。

(詳しくはこちらの記事参照)

それを見ると、TOEIC900と英検1級ですが、同じくらいのレベルです。

就職や転職などでのTOEIC900と英検1級の評価

就職や転職の時のエージェントや人事の反応ってどうなんでしょうか。

人によっては英検1級?何っ?て方もいますが、私の経験だと英検1級を持っているというと「英語が出来る人」って認識されることが多いですね。

TOEIC900よりも英検1級のほうが圧倒的に威力があります。

英検1級を持って転職エージェントに登録するとかなり好待遇の条件が提示されたりします。

>>英検1級合格者のキャリア・転職・副業まとめ

でTOEIC900, 英検1級結局どっちが難しい?

ここからは私の主観での意見であります。

結論ですが、圧倒的に英検1級です。

私はTOEIC905点を2015年に取得しました。

905点取得後に英検1級の過去問を買ってみて解いてみましたが、単語問題は全くわからなかったです。

25問中、3-5問正解を当てたってレベルです。当然「当てた」なんで自信をもって回答したわけでは無い。。。

長文だって読めるという状況ではありませんでした。

TOEIC900取得後に1年間コツコツ英検1級の勉強をし続けて何とか合格することができました。

では英検1級とTOEIC何が違うんでしょうか。

ちょっと詳しく説明してみます。

TOEIC(L & R)の難易度

TOEIC(ここではL &Rとします)の特徴は以下。

  1. リスニングとリーディングのみ
  2. 単語4000個くらいでTOEIC900達成可能
  3. スピード重視で問題の難易度自体は高くない

1. リスニングとリーディンのみ

これはL&Rとしているので当たり前です。

リスニングとリーディングのみですから、勉強しないといけない範囲は狭いです。

2. 単語4000個くらいでTOEIC900達成可能

TOEIC900達成のために覚えないといけない単語数は諸説ありますが、4000個くらいだと思います。

中には5000って方もいます。

いずれにしても、高校3年間で習う英単語+αって感じなんです。

このαがいわゆるビジネス英語。

でも、このビジネス英語は和製英語になっていたりしているので、意外と覚えるのは負担じゃないんです。

集中して勉強すれば2-3ケ月で覚えることも可能です。

3. スピード重視で問題の難易度自体は難しくない

TOEICはスピード重視。

特にリーディングは忙しい。

英語力も必要ですが、情報処理力も問われるテストです。

ただ、問題の難易度一つ一つは高くないんです。

凄く標準的な問題です。リーディングもややこしい内容が結構ありますが、文章自体は素直なんですよね。

知識の量はそれほど必要ないので、大量の問題を解く訓練だけで900点は意外といけます。

私も大量の問題を解くため、以下の記事のように日本の公式問題集だけでなく韓国の公式問題集まで購入して勉強しました。

特まくればスピードに慣れるのはそんな難しくないんです。

>>TOEIC900点を狙え!韓国のETS公式問題集がコスパ満点!

英検1級の難易度

英検1級の特徴は以下。

  1. ライティング、スピーキングも必要
  2. 合格するには少なくとも10000語は英単語を覚えないといけない
  3. 問題の難易度も高い

1. ライティング、スピーキングも必要

TOEICはリスニングとリーディングのみでしたが、英検1級はライティングとスピーキングも必要になります。

ライティングは200-240語でエッセイ(小論文)を書かないといけないですし、スピーキングは社会的なテーマに対し2分間のスピーチが必要。

例えば、「スポーツハンティングは賛成・反対?」というお題で英語で理由を2つ作って2分以内でスピーチしてくださいって言われてできますか?

日本語でも結構難しいですね。でも大丈夫です。

このエッセイとスピーチは内容が似通っているので、エッセイの勉強がスピーチの勉強にもなります。

エッセイの勉強を繰り返すことでスピーチ力が身につきます。

と言ってもかなり勉強しなければなりません。

当然、TOEICよりも負担は大きいです。

英検1級のライティングとスピーキングの問題については以下のページにそれぞれ詳しく説明させていただいてますのでご覧ください。

2. 合格するには少なくとも10000語は英単語を覚えないといけない

英検1級の一番鬼畜ポイントがこれ。

英単語なんです。

この英単語問題は、1次試験の一番最初の問題です。

25問の単語、熟語問題なんですが、これが難しい。

大学受験で出会うことが無い単語のオンパレードです。

英検1級を受けてみようかなって思った人の多くが、この単語問題で挫折します。

ちょっと例えを上げると、悪化させるって英語で

worsenって言います。

このレベルなら大学入試で見たかなってレベル。

でも英検1級だと、aggravate, exacerbateさらに自動詞のdeteriorateも覚えてないといけないです。

この3つの単語なんて多くの方が見たことないって感じだと思います。

このような単語を追加で6000語くらい覚えないといけないわけです。

これが、一番キツイところです。

ちなみになんですが、私の英単語能力は英検級取得者としては、それほど高くなくて大体10000語レベル。

このくらいですと英単語問題の25問中15-18問くらいを正解できます。

はい。実は10000語覚えても満点は取れません。

ただ、10000語くらい覚えていれば、単語問題は結構間違えますが、長文問題は満点取れます。

長文の文章中の単語は、語彙問題から比べると大分簡単です(1万語レベル)。

そうすれば、他の項目の出来具合にもよりますが、合格の目安8割を超えることは可能です。

逆に単語問題を25問満点目指すってなると少なくとも15000語は暗記しないといけないはずです。

英検1級単語問題について詳しくは以下のページをご覧ください。

3. 問題の難易度も高い

英検1級は問題の難易度も高いです。

TOEICみたいな意地悪い引っ掛けとかは無いんですが、ちゃんと文章を理解したか?を聞いてきます。

リスニングもPart2のように科学や社会に対する記事を聞いて、回答する問題もあります。

ビジネスの場面に限定されるTOEICとは違いアカデミックな感じです。

TOEIC900と英検1級まとめ

ということで、圧倒的に英検1級のほうがTOEIC900より難しくなります。

ここまで言っちゃうと英検1級は難しいし勉強するのは大変だって思う人が多いと思います。

確かに英検1級は勉強が大変です。

特に社会人の方は勉強時間の確保も大変ですし、体が疲れている中で膨大な英単語を覚えるのは本当に辛いです。

でも英検1級は凄く面白い試験です。

リーディングの文章は科学や社会についての記事で、非常に興味深い内容が多いです。

リスニングも、TOEICとは違い多様な内容で飽きることもないです。

何よりも、英検1級を取得できれば、英字新聞も読みこなし、英語で社会について自分の意見を言うことができるようになれます。

ここまで出来れば、日本の中では英語上級者と言ってもいいですし、すごく自分に自信を持つことができます。

少しづつコツコツとやり続ければ、以外に簡単に達成できます。

楽しんで英語を勉強しましょう。

英検準1級もすごいです

ここまではTOEIC900と英検1級について説明しました。

TOEIC900と英検1級で比較すると英検1級のほうが圧倒的に難しいです。

では英検準1級ってどれくらいのレベルでしょうか。

TOEICでいうと800点くらいだと言われています。

でも英検準1級の場合は単語力が違います。

大体8000語くらいは必要になります。

TOEIC800でしたら3500語~4000語くらいで取れますから、そっから約4000語を追加で覚えなければなりません。

これはかなりの負担です。

さらに英検1級よりは少し負担が減りますが、120語~150語のエッセイを書かなければなりません。

TOEICのLRではライティングは無いですから、英語のライティングの基礎を勉強しないといけません。

1次試験合格後には2次試験の面接もあります。

この2次試験は英検1級とは違い、絵をみたナレーションをします。

以外に慣れていないと説明するのが難しいです。

でも大丈夫です、当サイトの情報を頼りに勉強してもらえば、確実に英語力を身に着けることが出来ます。

知識の習得のために必要な参考書などの情報もまとめました。

こちらを見ていただいて英検準1級合格にお役だていただけると嬉しいです。

英検準1級学習方法はこちら

合わせて読みたい

当サイトではTOEIC900や、さらに上の英検1級合格を目指す方向けに、なるべく頑張らない勉強法を提示しています。

特に英検1級は、あっさり合格した経験を元に、ギリギリ合格できるレベルで無理のない学習方法や試験への向き合い方を解説しています。

忙しくて勉強時間が無い方にも参考になる内容だと思います。こちらを読んで参考にしてもらえますと幸いです。

合わせて読みたい
英検1級単語問題対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級長文問題対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級 エッセイ・ライティング対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級リスニング対策

続きを見る

合わせて読みたい
英検1級2次試験スピーキング対策

続きを見る

カテゴリー

-英検1級その他
-, ,